3歩目の歩幅を広げるだけ!しかも、ムリな食事制限は一切なし!
家で・テレビを見ながら・通勤通学・仕事中にらくらくやせる人が続出している「やせる3拍子ウォーク」が話題だ。
☆たった2ヵ月で、体重12kg、ウエスト13cm、太もも10cm減!(47)
☆13kg減で同僚の“扱い”が劇変!“美魔女コンテスト”ファイナリストに!(54)
☆食事制限なしで12kgダイエットにラクラク成功したパティシエ(55)
☆歩き方を変えただけで、なんで、私が、“美魔女コンテスト”グランプリ!?(43)
☆座り仕事でも、お尻が1個分上がった、元ナンバーワンホステス(36)
☆遺伝とあきらめていた「О脚劇的改善」であこがれのモデルに!(31)
☆80代でもウエスト7cm減!(80)
30代~80代まで、アンビリーバブルな劇的変化を可能にしたのが「やせる3拍子ウォーク」。開発者はウォーキングスペシャリストとして6万人を指導した山口マユウ氏。51歳ながら社会人の子どもが2人いるとは思えないウエストとスラッとした長い脚に注目が集まっている。さらに、女優やモデルだけでなく、一般人を数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成しているという。
大人気講座を一冊に凝縮した処女作『医者が絶賛する歩き方 やせる3拍子ウォーク』が話題沸騰でたちまち重版。本連載も70万PV(ページビュー)を突破した。
「なるみ・岡村の過ぎるTV」」「AERA」「週刊女性」「withオンライン」などメディアで話題沸騰の著者に、コロナ禍の緊急事態宣言下だからこそできる!無理なくやせるコツを教えてもらおう。
(構成・寺田庸二)

ある60代ビジネスマンの場合

山口マユウ
山口マユウ(やまぐち・まゆう)
ウォーキングスペシャリスト/一般社団法人 日本DF WALK 協会代表理事/テレビ通販の完売女王
1969年、和歌山県生まれ。「90歳になってもハイヒールの履ける(ゴルフができる)人生を」をモットーに、これまで6万人以上を指導。タン・タン・ターン♪と3歩目だけ手の人さし指1本分(約8cm)、歩幅を広げるだけで楽しく続く「やせる3拍子ウォーク」が「再現性と即効性がある」と受講生に大人気。モデル・女優・各種企業・学校・行政からの信頼も厚く、社員研修、講演も高いリピート率を誇る。一般社団法人 日本DF WALK協会を立ち上げ、日本と中国で認定ウォーキングインストラクターを育成。女優やモデルだけでなく一般の人たちを数々のコンテストのグランプリやファイナリストに育成する手腕が注目を集めている。2011年、自らも第4回『ミセス日本グランプリ』40代グランプリ。「ビビノバスリムサポートインソール」をプロデュースし、ディノス通販売れ筋ランキング「バッグ・靴・アクセサリー部門」第1位、テレビ通販QVCジャパン売れ筋ランキング「健康・ダイエット部門」第2位。QVCジャパンでは、出演するたびに完売が続いている。メディア出演多数。本書が初の著書。【一般社団法人 日本DF WALK 協会HP】

「何をやってもやせない。

車移動と外食でお腹はどんどんふくれるばかり。

おまけにコロナとリモートワークで歩く機会は激減。

運動は嫌いだし、食事をひかえるのはつらい。

健康診断でもメタボと診断され、皮下脂肪だけは確実に増えていく現実。

そんなとき、友人の紹介で出会ったのがウォーキングだった。

でも、ウォーキングは疲れるから続かない。

そこで「3歩目だけ歩幅を広げる新しいウォーキング法」を試してみた。

すると、食生活を変えずに体重が落ちていった!

3歩目だけだから続く。

すると、嫌いだった歩くことも習慣になった。

体重の増加とともに気になっていたのが、背中の丸みだった。

スマホ中毒になったから、特に背中が丸まってきたように思う。

実年齢より老けて見えるのも嫌だが、慢性的な肩こりにも悩まされるようになった。

そんな時に出会ったのが、やせる3拍子ウォークだった。

会社でも、隙間時間を利用して、肩こりと猫背解消の“クルン・クルン・クルーン”をやっています」

そう私に話してくれたのは、60代の男性ビジネスマンAさんです。

このように、やせる3拍子ウォークはビジネスマンに受けているのをご存じでしょうか。女性だけに有効と思われがちですが、私の受講生の約半分は男性。特にビジネスマンが多いのが特徴です。

リモートワーク下、出張など大移動が激減している今、最低限外に出る移動中に、こっそりやせてしまいましょう。