先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

Photo: Adobe Stock

基本的な欲求から考える

 先に本書では、アイディアは欲から生まれやすいということを紹介しました。

 ここではマズローの欲求5段階説の中の「生理的欲求」から考えを広げていく方法を考えていきます。生きていくための最も基本的な欲求のことです。

 とくに「排泄欲・食欲・睡眠欲」が3大欲求などと呼ばれます。これらは、ふだんはそこまで強く意識することはないかもしれないけれど、たまに何かが起こって、こうした欲求が急激に高まることがあります。

 高速道路で渋滞に巻き込まれたときに感じる尿意や、深夜にSNSで目に入ったラーメンの画像、午後の仕事中に襲ってくる睡魔など、欲求が最大化したシチュエーションを思い浮かべて、その解決方法を考えてみましょう。

 その場でおしっこを漏らすとか、会社で堂々と寝ちゃう、といった直接的なことはいったんナシにしてください。

 既存のサービスを例に出すと、映画を見ている最中にトイレに行きたくなってしまう問題からつくられた「RunPee」というアプリがあります。映画の途中でトイレに行くと、帰ってきたころには話についていけなくなってしまう心配があるけれど、このアプリは「トイレに行っても今後のストーリー展開を理解するのに問題のないタイミング」を教えてくれるのです。

「どうなれば欲望を解消できる?」と考える

 深夜にSNSでラーメンの画像が目に入ってしまうという問題は根深い。食べたくなってしまうからです。

 深夜に食べたら健康の面でも美容の面でも悪いことはわかっていますが、欲求が最大化した化け物になってしまい、ラーメン屋やカップラーメンを買いにコンビニに行く自分を誰も止められない。こういった欲求が最大化して暴走している状態をどうやったら止められるでしょう?

 おしっこを我慢しているときや睡魔に襲われているときなど、強い生理的欲求に襲われているときはアイディアを考えるチャンスです。「こういうものがあったらいいのに」を思う存分想像しましょう。それどころじゃないかもしれないけれど。

【考えてみる】「深夜にラーメンを食べたくなる」という欲求をどうすれば解消・解決することができるか、考えてみよう。

 わたしの場合は、SNSでラーメンの画像を見てしまうことが欲求のトリガーになっているので、これを解決する方法を考えることにしました。

 そこで、インターネット上のラーメンの画像を、「おいしそう」とは正反対にある「ネジ」に置換するアプリはどうでしょう。食欲がなくなりそうです(下図参照)

ラーメンの画像をすべてネジにするアプリ
インスタ上のラーメンの画像を認識すると、すべてネジの画像に変えてしまう。(『考える術』より)

『考える術』では、こうして欲求から考えるワザのほかにも「逆を考える」「情報から考える」「短時間で考える」など、自分らしいアイディアを次々と生み出せる71のワザを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)