先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

Photo: Adobe Stock

「消しゴム」を使い切るというおまじない

 アイディアは、過去の自分を手がかりにして考えていくこともできます。

 いまはやらないけれど過去にやっていたこと、10代前半の若いときの思い出、または高校生、中学生、小学生と、それぞれにたくさんの思い出があると思います。これらを思い出して思考を広げていくのです。

 ここでは「消しゴム」をテーマにしてみましょう。消しゴムに何か思い出はあるでしょうか。

 小学生のときに流行っていた消しゴムを使った遊びとか、昔使っていた消しゴムの色やかたちなど、過去の思い出を探ってみてください。そしてその思い出から、消しゴムにまつわる「問題」を見つけてみましょう。

 わたしは消しゴムを見ると、小学生のときによくやっていたおまじないを思い出します。

 好きな人の名前を消しゴムに書いて、すべて使い切ると両思いになるというものです。

 でも、すべて使い切ったためしがありません。消しゴムをすべて使い切るのはけっこう難しいのです。それに、仮に使い切れたとしても時間がかかりすぎます。

 1つの消しゴムを使い切るのには数ヵ月、下手したら数年かかってしまうかもしれません。すぐに両思いになりたい場合、このおまじないに頼るのは厳しいです。

 こうして、思い出から「おまじないのために消しゴムを使い切りたいのに、使い切れない」「長期戦すぎる」という2つの問題が浮かび上がりました。

 具体的なシチュエーションを思い返すことで、アイディアのきっかけとなる問題が見えてきました。当時はとくに意識していなかったことでも、時間をおいていま改めて振り返ると、「こんなところに問題があった」と気づくことができます。

 モノには過去を振り返らせる力があります。そしてその過去は人それぞれなので、同じモノを見ても、考えることは人によって少しずつ違うはずです。思い出から考えるとそうした差異が必ず出てくるので、アイディアがユニークなものになりやすいです。

【考えてみる】消しゴムの思い出から、思考を広げてアイディアを考えてみよう。

 わたしは「おまじない」からアイディアを考えてみたい。問題は、使い切るのにめちゃめちゃ時間がかかるということです。では、全自動で消しゴムを使ってくれるマシーンがあったらすべて解決するのではないでしょうか(下図参照)

『おまじないチートマシーン』
モーターの力で次々と消しゴムを使い果たすことができる。(『考える術』より)

『考える術』では、こうした「思い出」から考えるワザのほかにも「逆を考える」「情報から考える」「短時間で考える」など、自分らしいアイディアを次々と生み出せる71のワザを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)