Photo: Adobe Stock

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

「モヤモヤ」をつかまえる

 生活の中で、はっきりとは意識しないながらも、モヤモヤとした感情を抱くことは多い。「切なさ」や「気まずさ」「困惑」「不安」など、心の中にぼんやりと漂う感情です。

 モヤモヤとした感情というのは、なかなか言葉にしにくいものです。しかし、アイディアは言語化できることが増えるほど思いつきやすくなるものです。こうしたモヤモヤとした感情を捉えることができるようになればなるほど、アイディアを見つけやすくなります。

 生活の中でモヤモヤしたシチュエーションを思い返してみたい。たとえば、友だちと遊ぶとき、その友だちが別の友だちを連れてくることになった。その人とわたしは初対面です。ここまでは、まあモヤモヤしません。

 3人で喫茶店に入ってわいわい盛り上がっていましたが、友だちが「ちょっとトイレ行ってくる」と、席を離れます。友だちがいなくなった瞬間、急に話すことがなくなり、お互い当たり障りのない会話をポツポツとしながら用もないのにスマホを見る。

 きっと、ほとんどの人が経験したことのあるモヤモヤするシチュエーションです。

 日常の中には、このようにモヤモヤとした気持ちになることがしばしばあります。

 気持ちよくはないけれど、怒りのような強い感情でもありません。

 そうしたモヤモヤを言葉にしていくことで、自分の微妙な感情の変化に気づくことができます。そんな気持ちをすくいとってアイディアにつなげられると、人の心に引っかかるようなものができます。

【考えてみる】最近、モヤモヤしたことを思い出そう。また、それを解決する方法を考えてみよう。

 わたしは、初対面の人と会話に詰まってしまったときにモヤモヤを感じます。なので、会話を助けてくれるものがあったらうれしいと考えました。沈黙が続くと、会話に困っていることを検知して、盛り上がりそうなテーマを教えてくれるデバイスはどうでしょう(下図参照)

『会話お助けデバイス』
沈黙が一定時間続くとランプが点灯し、ディスプレイに話題を表示してくれる。(『考える術』より)

『考える術』では、こうしてモヤモヤから考えるワザのほかにも「逆を考える」「情報から考える」「短時間で考える」など、自分らしいアイディアを次々と生み出せる71のワザを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)