老後の家計を整理
老人ホーム入居後も心配無用

 そのため、以後の試算は仕事をしない前提で続けていきます。今後予測できる収入として、夫の退職金(手取り2800万円)とありますが、早期退職のためここでは2700万円とします。Mさんは手取額1850万円、相続遺産1100万円、生命保険2000万円、401K評価益389万円と記載があります。401Kは企業型の確定拠出年金なので60歳時には450万円になっていると仮定すれば、合計で8100万円の収入になります。60歳時点の金融資産額1億8456万円に8100万円を加えると2億6556万円になります。

 Mさんが60歳のとき、夫は64歳。60歳以降も年間の支出額を同額の731万円とすれば、夫が65歳になるまでの1年間で同額を金融資産額から取り崩すことになりますから、残額は2億5825万円になります(60歳以降は利子や配当金は考慮しないで試算を続けます)。

 支出に車の税金と記載があることから、今後車の買い替えを3回×2台分行うとします。1回当たり350万円×2台×3回の合計2100万円となり、金融資産額は2億3725万円になります。

 公的年金は65歳から受け取る予定で、夫婦で年間550万円と記載があります。内訳がわからないため、ここでは夫300万円(手取り260万円)、Mさん250万円(同210万円)としますが、夫が65歳の時、Mさんは61歳。Mさんが65歳になるまでの4年間は年金収入は260万円、支出を731万円とします。すると年間471万円、4年間で1884万円の取り崩しとなり、Mさんの65歳時の金融資産額は2億1841万円になります。