人間関係の悩みやストレス、不安を抱えている人は多い。「緊張で心臓のドキドキが止まらない」「失敗したらどうしようと不安になる」「本番に弱い自分が嫌いだ」、そんな自分を変える元刑事のメンタル強化術『刑事(デカ)メンタル 絶体絶命のピンチでちびってしまう人でも動じないハートが手に入る!』を紹介。刑事生活20年。ガサ入れ、犯人確保、張り込み……修羅場という修羅場を潜り抜けてきた元警部による「心を強く保つ習慣」です。常に死と隣り合わせの環境下で巨悪と戦い、人を疑い、時には一般人に罵倒されながらも正常な心持ちで戦うために開発してきた、圧倒的自信と活力が楽しく備わる最強メンタルメソッドを手に入れてください。

歯医者
Photo: Adobe Stock

ネガティブなことは言語化し、自分の内面と向き合う

 刑事が常に持ち歩いているのは「備忘録」だ。オレは、A4サイズのノートに「備忘録」と書いて仕事中持ち歩いていた。

 まじめだったのか、「備忘録」以外、思いつかなかった。「ストレス日記」とストレートに書いてもいいだろう。

 そこには捜査の参考になったこと、取り調べの下調べ、はたまた事件に遭遇した際の自分の気持ちなどを書き込む。誰にも見せられない極秘ノートだ。

 なぜ、見せられないか。その備忘録にはそのときに感じた不安やストレスを書くようにしていたが、どんどん表現がエスカレートしていったからだ。

「張り込みに失敗したかも。気付かれていたらとんでもないミスだ」
「最近、ため息しか出ない。あいつの顔は見たくない」
「〇〇係長にこんな無理な指示をされた。正直、ムカつく!」

 これ以上は紹介できないが、ネガティブなことをありのままに書き、不安やイライラしたことを言語化する。自分の内面と向き合うわけだ。文字にすることで自分の心理状態と冷静に向き合い、分析できる。

 書くことでメンタルがすぐに持ち直すわけではないが、そのときどきのストレスを分析し、対処方法が次第に見えてくるワザだ。

 ちなみに書いた記録はたまには読み返してみるといい。日々のストレスに向き合うことで、何が課題なのかがわかる。

 人前で声に出すと怒られるかもしれないが、ノートになら書けるだろう。のちに知ったが、ネガティブなことを書くことは自律神経を整える方法でもあるらしい。言えないことは書くのだ。ストレスはためこまず、どんどん書いていこうぜ!