子どものいない夫婦の場合、どちらか一方にもしものことがあると、通常は遺された配偶者が各種の手続きを行うことになります。

 ところが、遺された配偶者が単独の相続人になるかというと、必ずしもそうとは限りません。例えば、先立ってしまった夫に兄弟がいる場合には、その兄弟も相続人となります。そうなると、自分一人の判断だけではなく、夫の兄弟の意向を考慮しなくてはいけなくなります。

 ここまでは、把握している方も多いかと思います。しかし、これで終わらないのが相続です。夫または妻の兄弟や姉妹は、同じように年齢を重ねています。したがって、既に亡くなっていることも珍しくありません。

 兄弟や姉妹が先に亡くなっている場合、相続関係はいったいどう変わるのでしょうか。この場合は、兄弟や姉妹の子ども、つまり、亡くなった夫または妻から見て甥や姪が相続人となるのです。遺された配偶者にとっては先立った夫または妻の甥あるいは姪であり、あまり近い関係にあるとは言えません。

 親族関係が以前と比べ希薄になっているといわれる現代において、配偶者の甥や姪と懇意にしていることは少ないのではないでしょうか。実際のところ、“面識さえない”ということもあります。

 もちろん、深い交流があり、自分たちが年を取ってから実の子どものように面倒をみてくれているケースもあります。日常のお世話から施設の保証人まで、何かと頼れる存在です。

 しかしそのような間柄であっても、遺産相続となると話は別です。財産の開示に抵抗があったり、相手の本心が分からなかったりして、疑心暗鬼で眠れない日々を過ごす方もおられます。

 子どものいない夫婦は、自分以外に相続人がいないか正確に把握しておく必要があります。心の準備ができているだけで気持ちがずいぶんと楽になります。

一人っ子だったはずの夫に
兄弟がいた!

 自分以外に相続人がいないと思っていても、全く予想外の相続人が出現することがあります。先日、筆者の事務所に来られた依頼者の方がそうでした。

 旦那様がお亡くなりになり、その奥さまが相続のご相談に来られました。奥さまが言うところでは、“私たち夫婦に子どもはおらず、夫は一人っ子で兄弟もいません”とのこと。

 奥さまの話だけを伺っていると、単純な相続のように聞こえます。とは言え、シンプルに見える案件ほど予期せぬ背景が潜んでいる、というこれまでの実務経験から呼び起こされるある種の予感がしていました。

 相続人の判断や確定は、戸籍調査によって行います。依頼者のお話を参考にしつつ、公的書類から判断していくのです。そのため、亡くなられた方の戸籍を出生までさかのぼって取得し、細かく確認します。“戸籍という箱”を開けてはじめて、相続人を確定することができるのです。