京急線の脱線事故
Photo:JIJI

国土交通省の運輸安全委員会は2月18日、2019年に京急線の踏切で列車と大型トラックが衝突して脱線し、トラック運転手が死亡、電車の乗客乗員77名が負傷した事故の調査報告書を発表した。踏切の支障を知らせる特殊信号発光機が作動したにもかかわらず、重大な事故が起きた原因はどこにあったのか。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

障害物検知装置は作動したが
踏切の手前で停車できず

 国土交通省の運輸安全委員会は2月18日、2019年9月5日に京浜急行電鉄の神奈川新町第1踏切で発生した列車脱線事故の鉄道事故調査報告書を発表した。

 この事故では踏切で立ち往生したトラックと青砥発三崎口行き8両編成の下り快特列車が衝突し、1両目から3両目が脱線して大きく傾斜。乗客75名と運転士および車掌が負傷、トラックの運転手は死亡した。