◎大好評! シリーズ10万部突破!!
ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円!
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブルとして、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

仮想通貨
Photo: Adobe Stock

なぜ多くの億万長者が
あっという間に誕生したのか

ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)で資産1億を超えた“億り人”が続出しました。

なぜ、多くの億万長者があっという間に誕生したのでしょうか?

もちろん仮想通貨の価格が勢いよく上昇したからなのですが、じつはその背景に投資の世界ならではの驚くべきカラクリがあったのです。

話をわかりやすくするため、仮にAさんが新しく作られた仮想通貨(コイン)を1万枚持っていたとします。

この時点では、新しく作られたコインには、なんの価値もないので、時価総額ゼロです。

次に、Aさんが持っているコインを、友人5人に1枚ずつプレゼントしました。

すると、このコインの所有者は、Aさん9995枚、友人5人が1枚ずつ持っていることになります。

この時点でも、このコインには何も価値がないことには変わりありません。

話は、ここから急展開します。

Aさんからコインをもらった友人の1人が、「このコインにはものすごい価値があって、近く絶対に値上がりするはずだよ!」といって、自分のコインを他の投資家に1万円で売りました。

そうすると、どうでしょう。

実際に動いたお金は1万円にもかかわらず、コイン1枚に1万円の値段がついたので、あっという間にコイン全体の時価総額は1億円になり、Aさんが保有する仮想通貨の評価額は9995万円になったのです。

これが仮想通貨で億万長者が量産されたカラクリなのです。