減量を行うボクサーも炭水化物は必ず摂取し、試合前のハードなトレーニングを乗り切りながら徐々に体重を減らしていく。しかし、炭水化物の食べ過ぎは太りやすくなるので注意しなければならない。特に菓子パンやラーメンは糖質が多いため、脂肪になりやすい。食べる頻度を抑えよう。

 私がおすすめする炭水化物の摂取方法は、白米を玄米に変えることである。玄米は白米よりも食物繊維を多く含んでいるため、腸内環境を整えてくれる。さらに、白米よりもビタミンが豊富なので体の調子も整えてくれる。

 私は3食玄米を食べるようになってから、ハードなトレーニングを行いながらでも体調管理ができるようになった。

筋トレに必要な3大栄養素
その3 ビタミン

 最後に取り上げる栄養素であるビタミンは、玄米を紹介したときにお伝えしたとおり、体の調子を整えるために必要な栄養素。ビタミン不足になると、風邪を引きやすくなったり筋トレ後の筋肉の回復ができなくなったりしてしまう。毎食野菜をしっかり食べて、ビタミンを補給しよう。野菜はカロリーが低いのでたくさん食べても脂肪が付きにくく、健康的な体に近づけるだろう。

 野菜が食べれらずにビタミン不足を感じたときには、サプリメントでビタミンを補給することもおすすめだ。私はトレーニングを行った後に貧血になりやすいため、サプリで鉄分を補給するようにしている。自分が普段の食事で不足していると感じるサプリを、薬局で買って飲むようにするといい。筋トレをするための健康的な体の土台を作るためにも、野菜やサプリメントでビタミン不足を防ごう。

筋トレに効果的な
「筋肉食」オススメ3食材

 ここからは、筋トレに効果的な食材を紹介していく。具体的には、以下の三つだ。

(1)鶏肉
(2)ブロッコリー
(3)納豆

 上記の三つの食材は、筋トレの効果を最大限に引き出すため頻繁に口にしたい食材だ。脂肪を落としながら筋肉を付けていくために、ボクサーもよく口にしている。それでは、一つずつ紹介していこう。