さらに承認の利点として、「ほめる」よりも使いやすいことが挙げられます。

 例えば、確実な成果がまだ出ていない段階では、部下をほめることは難しいでしょう。しかし、今の状況自体を承認することはできます。「進んでいるね」「その調子だよ」という言葉をかけられます。これをプロセスの承認といいます。

 また、部下に頼んだ仕事の仕上がりが期待通りでなく、ほめるどころか本音としては思い切りダメ出しをしたい場合はどうでしょうか。この場合も、「承認」は有効です。「そういうやり方もあるよね」「おっ、これは意外な展開」というように、部下のやろうとしたことをひとまず認めることはできます。これを見解の承認といいます。

 こうした承認の言葉を普段から部下に伝えられていれば、部下のモチベーションを高めることに役立ちます。さらには、上司であるあなたから部下に対して建設的なフィードバックをする場合、部下が素直にそれを受け入れる素地をつくることにも繋がるのです。

承認に使えるフレーズ

 ここで承認の具体的な方法を解説します。私は承認を大きく次の4つに分類しています。

ケース1 相手の言葉や存在そのものを承認する
【フレーズ】○○なんですね(復唱)/そうなんですね/~~と言っていたね

ケース2 相手が達成した「成果」を承認する
【フレーズ】すごいね/最後までやれたね/素晴らしい成果!/達成できたね

ケース3 成果を出すための「プロセス」に焦点を当てて承認する
【フレーズ】本当によく考えているね/順調に仕上がっているね/もう少しでできそうだね

ケース4 「合意はしないけど、見解については理解できる」ことを示して承認する
【例】この状況なら、そう思うのは当たり前だよね/この状況ならそれは理解できるよ/そういう考え方もあるよね/それは新しいね

 ちなみに、承認の際の言葉がけは「手短に」を心がけましょう。要点を短く伝えることで、相手の耳に入りやすくすることがうまくいくコツだと思ってください。