できる上司は会話が9割
Photo:PIXTA

数多くの企業で管理職にコーチング研修を行ってきた林健太郎氏が、このたび新著『できる上司は会話が9割』を上梓。同書からの抜粋で、メンバーの能力を高め、困った部下も戦力に変えるコーチングのスゴ技を紹介していく。今回は、上司であるあなたへの不満を陰でコソコソ言いふらす困った部下に遭遇したときに、どう対処すべきかという問題について。

「陰でコソコソ」部下を
多くの上司は放置しがち

「私はこんなにがんばっているのに、○○さんは、きちんと評価してくれない」

「なんであの人が私より先に昇進するの? あれって□□部長のえこひいきだよね」などと、陰で上司への不満をこそこそと言いふらす部下。

 上司になると、ときにこうした部下にも遭遇するものです。面と向かって不満を打ち明けてくれないだけ、上司としては扱いに困るタイプの部下です。

 このタイプの部下が現れたら、私はすぐに対処すべきと考えています。そのまま放置していると、上司であるあなたにとって命取りになりかねないからです。

 ところが実態として上司の多くは、このやっかいな「裏でコソコソ」タイプの部下を放置しがちです。

「自分に直接、不満を伝えてくれた方がよっぽど対応しやすいのだが、他の部下からの伝聞の場合は、手が下しにくい」と躊躇する上司の声を聞いたことがあります。また、「文句があるなら、言わせておけばいいんだ」と、はなから相手にしない上司もいます。チームで上げるべき成果という最優先事項に比べたら、「こんな部下を相手にするのはバカバカしい」とも感じてしまうのでしょう。

 しかし、この部下への対処を怠った結果、上司であるあなたの足をすくうような、とんでもない出来事が起こってしまうことが意外に多くあります。