3男1女全員を国内最難関の東京大学理科三類(医学部)に合格させた
『東大に入るお金と時間の使い方』の著者・佐藤亮子ママは、
0歳から18歳の大学入学までを全力でサポートするため、
「お金」も「時間」も惜しまなかった。
長男を妊娠中、小学校全学年・全教科の教科書を買い込んで熟読。
子どもは全員、1歳前後から公文式に通わせ、
「絵本1万冊、童謡1万曲」を3歳まで読み(歌い)聞かせ。
専用の本棚を手作りして本300冊をまとめ買い。
家族で図書館に出かけて一度に30冊以上借りてもいた。
公文式だけでなく、スイミング・バイオリン・ピアノのお稽古にも通わせ、
習い事だけでも1人あたり月5~6万円。
小学生になると早々に中学受験塾へ通わせ、全員を中高一貫校に進学させた。
参考書を買うときも、いい参考書が10冊あったら、とりあえず10冊買う。
そのうち1冊しか使わなかったとしても、
「10冊あったから優れた1冊を選べた」と思うようにしていた。
いいものは使ってみなくてはわからない。その点、選択肢は多いほうがいい。
なにより貴重なのは「時間」。
時間を最大限有効活用するためには「お金」を惜しまない。
子どもの将来を決めるのは、親の「お金」と「時間」の使い方と断言する
『東大に入るお金と時間の使い方』の著者が、
これまで語ってこなかった「東大とお金」について、その秘密を初公開!

子どもバイオリン教室
Photo: Adobe Stock

きようだい全員が
同じ習い事のワケ

近ごろは学習塾に加えて、プログラミング、ボルダリング、体操、バトンなど、ほぼ毎日習い事をさせているご家庭も少なくありません。

親としての意気込みはわかりますが、それでは子どもにとって習い事が「仕事」のようになってしまい、疲れ果ててしまいます。

ひとりっ子の場合、きょうだいで遊べないので、親が相手をするのも大変です。

そのため、毎日のように習い事を入れがちでもあります。

私も子どもが長男だけだったときは、遊ばせるのが大変だったので、その気持ちはよくわかります。

とはいえ、習い事を詰め込みすぎて、子どもが疲れ果ててしまってはかわいそうです。

習い事は、「勉強系」「運動系」「芸術系」の3分野で1つずつがおすすめです。

わが家では、勉強系は公文式で全員が1歳前後から通いましたが、運動系は全員が4歳からスイミング、芸術系は全員が3歳からバイオリンを習いました。

ただし、長女だけは本人が習いたいというので、小1からピアノも習わせました。

全員がほぼ同じ年齢から同じ習い事をしたというのは、みんなが同じように習うと親も指導しやすいからです。

全員が同じ習い事をすると、送り迎えが便利という事情もあります。