佐藤亮子

奈良県在住。大分県で高校まで過ごし、津田塾大学へ進学。卒業後、大分県内の私立高校で英語教師として2年間教壇に立つ。その後、結婚。以降は専業主婦。長男、次男、三男、長女の順で3男1女を出産した。3兄弟は、難関私立の灘中、灘高等学校(神戸市)、長女は洛南高等学校附属中、洛南高等学校(京都市)に進学。大学受験では4人とも東京大学理科三類(通称「東大理三」)に合格した。4人の子ども全員が東大理三に合格するのは極めて稀なケースで、その子育て法と受験テクニックに注目が集まる。子育てが一段落した現在、中学受験塾・浜学園のアドバイザーを務めながら、全国で講演活動を展開している。子どもたちに読んだ絵本・歌った童謡の数は毎日記録したが、家計簿を緻密につけることには3回挑戦したものの「書く時間が無駄」と思い、毎回2日目に挫折した。現在は極めて大まかに1ヵ月の収支をノートに書いている。趣味は料理、読書、ビデオ鑑賞。小5のときに『吾輩は猫である』を読んで感動して以来の夏目漱石ファン。運動が苦手なインドア派で、コーヒーか紅茶を片手にコタツで本を読むのが至福のとき。好きな食べものは焼肉、魚料理。この世でいちばん苦手なものは、ちょうちょ。クロアゲハが死ぬほど嫌いで、子どもたちへの絵本の読み聞かせでは『あげは』を夫に読んでもらったほど。

子ども4人全員を東大理三に入れた母親が教える「宿題は子どもの横に座って消しゴムで消してあげたワケ」
  • 1
  • 2

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP