3男1女全員を国内最難関の東京大学理科三類(医学部)に合格させた
『東大に入るお金と時間の使い方』の著者・佐藤亮子ママは、
0歳から18歳の大学入学までを全力でサポートするため、
「お金」も「時間」も惜しまなかった。
長男を妊娠中、小学校全学年・全教科の教科書を買い込んで熟読。
子どもは全員、1歳前後から公文式に通わせ、
「絵本1万冊、童謡1万曲」を3歳まで読み(歌い)聞かせ。
専用の本棚を手作りして本300冊をまとめ買い。
家族で図書館に出かけて一度に30冊以上借りてもいた。
公文式だけでなく、スイミング・バイオリン・ピアノのお稽古にも通わせ、
習い事だけでも1人あたり月5~6万円。
小学生になると早々に中学受験塾へ通わせ、全員を中高一貫校に進学させた。
参考書を買うときも、いい参考書が10冊あったら、とりあえず10冊買う。
そのうち1冊しか使わなかったとしても、
「10冊あったから優れた1冊を選べた」と思うようにしていた。
いいものは使ってみなくてはわからない。その点、選択肢は多いほうがいい。
なにより貴重なのは「時間」。
時間を最大限有効活用するためには「お金」を惜しまない。
子どもの将来を決めるのは、親の「お金」と「時間」の使い方と断言する
『東大に入るお金と時間の使い方』の著者が、
これまで語ってこなかった「東大とお金」について、その秘密を初公開!

幼児 勉強
Photo: Adobe Stock

座ることができれば塾通い開始

長男は1歳半から公文式に通い始めましたが、そのころ生まれた年子の次男も一緒に教室へ連れていっていました。

自宅で長男が宿題のプリントをやっていると、次男が邪魔していたのですが、その姿を見て、どうやら次男も自分のプリントが欲しいのだなと思いました。

幼児教室とはいえ、伝い歩きを始めたばかりの生後8ヵ月で塾通いさせるのは、さすがにまだ早いかなとも思いましたが、自力で歩けなくても座ることはできたので、思い切って公文式に入塾させました。

まだ生後8ヵ月の子どもがなにをするのかというと、太い鉛筆を手に持って「えい」とかいいながら、プリントに殴り書きをして遊んでいるようなものです。

それでも「楽しそうだからいいよね」と受けとめていましたし、「鉛筆を持って机に向かう」という学習習慣を身につける効果はあったと思います。

次男は、すでに長男が自宅で宿題のプリントを楽しそうにやっている姿を見ていたので、自然に真似してプリントをやるようになりました。

周りのお母さんたちからは、「まだ生後8ヵ月じゃ、お金をドブに捨てるようなもんじゃない?」なんてこともいわれましたが、私はニコニコしてプリントをしている次男を見ながら「お金をドブに捨てることになったとしてもいいかな」と思っていました。

次男に宿題のプリントを与えることで長男の邪魔をしなくなりましたし、とても楽しそうなので、それでよかったのです。