湘南乃風 SHOCK EYE氏の著書『SHOCK EYEの強運思考』が刊行された3月31日に、五龍神が祀られるパワースポットとしても有名な田無神社(東京都・田無市)にて、出版記念イベントが開催されました。「写真をスマホの待ち受けにすると運がよくなる」と言われ、「歩くパワースポット」と呼ばれているSHOCK EYE氏。コロナ終息とヒット祈願のための本イベントの様子をレポートします。(取材・構成/澤井一)

著者が考える“運を引き寄せる秘訣”とは?

 好天に恵まれたイベント当日は、最上の吉日と言われる「天赦日(てんしゃび/てんしゃにち)」、事始めに最適とされる「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」、金運招来のご利益がある「寅の日」が重なった、とても珍しいトリプルラッキーDAYでもありました。

 田無神社の境内には、本イベントを取材に来た報道陣の他に、すでに『SHOCK EYEの強運思考』を入手したファンたちの姿も。境内に登場したSHOCK EYE氏は、まず「今日はものすごく縁起のいい日だそうですね」と笑顔を見せてくれました。

2021年はこの日しかない、1年で最強の日に3冊目を発売!

『SHOCK EYEの強運思考』は、SHOCK EYE氏にとって3冊目の著書。いかなる思考が強運につながるのかが著者の体験に基づいて語られ、その思考パターンの数々が前向きな人生を送るためのヒントになっています。SHOCK EYE氏は「ミュージシャンの僕が、3冊も本を出せたのがまずありがたいこと。書き始めてみたら、僕自身も驚くような自分自身を知れた作品になりました」と、本書を手がけた感想を語っていました。

 司会者から“強運を引き寄せる秘訣”を尋ねられると、SHOCK EYE氏は「目の前にあることを一生懸命、目いっぱいやること」と発言。「僕は目の前の人を喜ばせる人生を送ってきました。友人を喜ばせたくて始めた音楽活動が湘南乃風につながり、歩くパワースポットと呼んでくれる人たちの期待に応えようと神社を巡り始め、行動しているうちに大きなムーブメントが生まれたんです」とも。そんな思考や行動が、人生を切り拓く鍵になってきたそうです。なお、SHOCK EYE氏が巡る神社の数は、年間100社を超えるそうです。

お賽銭は、115円。皆さん、なぜかわかるかな?