消えたケチャップ、コロナで小袋人気に追いつけず
Photo:Smith Collection/Gado/gettyimages

 ここ1年、事業の閉鎖や従業員の安全を巡る懸念に見舞われ、開いたり閉じたりを繰り返した揚げ句、米国のレストランはケチャップ不足に直面している。新型コロナウイルス感染拡大でケチャップ業界は混乱に陥り、レストランはテーブル上に欠かせない調味料の確保に奔走している。店のマネジャーはノーブランド品を使い、業務用の大容量ケチャップを個別のカップに詰め替え、あるいは会員制量販店コストコで代替品を購入している。

「くまなく探している」と語るのは、デンバーのスポーツバー、ブレーク・ストリート・タバーンのオーナー、クリス・フセリエ氏。今年に入り、ケチャップの在庫不足で苦労を重ねている。

 コロナ禍で多くの飲食店がテークアウト専門店に変わり、全国チェーンでも個人経営レストランでも、ケチャップのミニパックが調味料の主流になった。レストラン事業プラットフォームのプレートIQによると、ミニパックの価格は2020年1月以降に13%上昇。テーブル用ボトルに代わって市場シェアが急拡大した。

 ファストフード大手でさえ、ミニパックを探し求めている。700店近くを展開するロング・ジョン・シルバーズは、需要の殺到を受け2次サプライヤーから入手しなければならなかった。コロナ感染流行を背景に業界の需要がミニパケットに移行した結果、50万ドル(約5500万円)の追加費用が発生したと同社幹部は語る。ミニパックは業務用より割高だからだ。