コロナ感染者が増える中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷が決定。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

出欠確認Photo: Adobe Stock

質問
 もしかして Google Meetで出欠管理を自動化できたりしませんか?

 Google Meetの参加者について、参加”予定”者でなく、参加”実績”者の記録を知る方法はありますか?

回答
 2020年11月からできるようなりましたが、現在は有料版のみ対応です!

 はい、できます。ただし、この機能は無料のGmailアカウントには搭載されていません。

 出席状況を確認する機能は、現在のところWorkspace Essentials、Business Plus、Enterprise Essentials、Enterprise Standard、Enterprise Plusで利用できます。また、G Suite Enterprise for Educationライセンスを持っている教師や生徒には利用できます。

 G Suite Enterprise for Educationをご利用の場合、参加者が5人以上の会議については、会議終了後に出席状況の確認レポートが、主催者に自動で届きます。

 レポートは Google スプレッドシートに以下の内容が記載されてメールで届きます。

★参加者の名前
★参加者のメールアドレス
★参加者が会議に参加していた時間の長さ(最初に参加した日時と退出した日時のタイプスタンプを含む)

 同じ会議で一人のユーザーが参加と退出を繰り返した場合、複数のタイムスタンプが記録されるのではなく、会議に参加していた時間の合計が記録されます。便利ですね。

 定期的に繰り返すように設定されている会議、または同じ会議コードを使用する会議でこれらの設定をオフにすることができます。

 その場合、設定は次回の会議にも適用されます。

 1回限りの会議やニックネーム付きの会議、即席の会議でこれらの機能をオフにした場合は、会議終了後に設定がオンに戻ります。

 なお、Google Workspace管理者は、組織内でオンライン会議に関するアクティビティを Google Meetの監査ログで確認することができます。たとえば、ユーザーがいつ会議を開始したか、どこから会議に参加したか、誰が会議に参加したかを確認することが可能です。

 このアップデートの対象外だったみなさま。Chrome拡張機能でもいくつか対応しています。

「Google Meet Attendance」「Meet Attendance」というそれぞれ異なる開発者によって提供されているものが人気です。

 ただし、拡張機能で注意すべきなのは、参加者のデータなどがどのように扱われるかです。

 ぜひセキュリティ面での確認をご自身でおこなった上でご活用ください。

 Google のアプリ群が提供する最先端の機能を、ぜひあなたの毎日に取り入れてみませんか?

 アプリを組み合わせて使うことで、業務の生産性を劇的向上できます。そのコツを。拙著『Google 式10Xリモート仕事術』に書いています。ぜひご活用ください。

 さらに、書籍の学びを今すぐに実践したい方のために『 Google 式10Xリモートコミュニティ』もスタートしています。最短最速でリモート強者に変身していきましょう!

好評連載、人気記事

知ってるだけでストレスゼロ!仕事が10倍楽になるスプレッドシートの必殺ショートカットキー「H」の秘技
もう2度とメールは使わない!9割の人が知らないGoogle式スマート・ホウレンソウでストレス激減
ムダなメール往復ゼロ!9割の人が知らないGoogle 驚愕の機能とは?
Excelと Google スプレッドシート、決定的に違うポイントとは

平塚知真子(Chimako Hiratsuka)
Google 認定トレーナー/イーディーエル株式会社代表取締役
Google が授与する最高位の肩書(Google 認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。数時間でITスキルを劇的に引き上げる指導に定評があり、教育分野において Google から絶大な信頼を得ている。早稲田大学第一文学部(教育学専修)卒。筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)。筑波大学大学院非常勤講師。アルマ・クリエイション株式会社主催「クロスセクター・リーダーズアワード」2年連続最優秀MVP(2019年、2020年)。常陽銀行主催第3回常陽ビジネスアワード「ウーマノミクス賞」379プラン中第2位(2015年)。出版社勤務を経て専業主婦になるも、学習欲が高じて大学院に進学。在学中に事業欲が高まり、IT教育会社を起業し、現在に至る。「日本に最高のITスキルを伝え、広める」を信条に、教育関連者やビジネスパーソンへ最新のITおよびクラウドスキルを指導中。パソコンやタブレットを四六時中見ているため、月に1回はデジタル断捨離し、温泉をめぐることが趣味。1968年生まれ。夫と1男1女。茨城県つくば市在住。本書が初の単著。