「運がよくなりたい」「いい人に巡り合いたい」「幸せな人生を送りたい」、それらを実現したいなら、考え方を変えればいい。最強の運を持つ「歩くパワースポット」が伝える「運」の磨き方をまとめた『SHOCK EYEの強運思考』には、強運を引き寄せる39の思考法がある。
強運とは、ただ運がいいだけではない。夢がひとつかなったくらいでは、強運とは言わない。宝くじに当たったとしても、一回の偶然とも違う。強運を導く6つの指針を本書より抜粋して紹介します。

夢をかなえ続ける人、それが強運の持ち主

湘南乃風 SHOCK EYE
1976年神奈川県生まれ。RED RICE、若旦那、HAN-KUN と共に「湘南乃風」を結成。ヒット曲「純恋歌」「睡蓮花」は幅広い世代で歌い継がれている。プロデューサーとしても、ハロー!プロジェクト、ジャニーズWEST、YouTuberのフィッシャーズなどへの楽曲提供を行う。近年では、インスタグラム上で会員限定のコンテンツ「Shrinegram」を運営するなど、音楽以外でも幅広い活動を行っている。著書に『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣』『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている運気アップの習慣』(共に講談社)がある。

 夢がかなったときに「運がよかった!」って感じる人もいると思う。

 でも、どんな大きな夢がかなったからといって、それが人生のゴールになるとは限らない。運を引き寄せる生き方をしている人だったら、さらに前に進んでいくものだ。

 夢って一回きりで終わりじゃない。夢をかなえたら、また次の夢に向かって突き進んで、何度も何度も夢をかなえ続けたい。それでいい。

 大きな夢をひとつかなえたからって、強運とは言えないと思う。「夢をかなえられる人」と「運が強い人」はまったく違うものだ。宝くじで何億円ゲットしたとか、株式投資で一発当てたとか、そんな一回限りの偶然も違う。

 僕ら湘南乃風がデビューできたことや、オリコンで1位になれたことは、運よく夢がかなったと言えるかもしれない。だけど、それで夢は終わりじゃないし、その程度では強運だったということにはならない。

 大きい、小さいにかかわらず、一回限りでなく死ぬまで夢をかなえ続けて、自分自身が幸せを感じる人生を送る。その結果、世の中に貢献し、人に幸せを与える存在になる。僕が考える「強運の持ち主」はそういう人たちだ。

 たとえば、松下幸之助さんや本田宗一郎さん。百田尚樹さんの小説『海賊とよばれた男』で、主人公のモデルになった出光佐三さん。昭和期に政財界の有力者たちに影響を与えた中村天風さん。

 運の引き寄せに必要なポジティブ変換は、彼らにとってはごく自然なことだっただろう。

•何が起きても打開策を探して道を切り拓く
•トライアンドエラーを繰り返して前に進み続ける
•どんなに大変な状況でも信念がブレない
•人並み外れてアクティブに行動する
•ちょっとやそっとではへこたれない
•他の人が到達できない高みに上り詰める

 こういうタイプの人たちは、自分を不運だなんて少しも思わない。だから運が彼らに味方する。

 一度きりではなく、生涯をかけて何度も夢をかなえ続けて高みを目指す。そういう生き方を目指せば、強運の持ち主になれる。