BMW・M5コンペティション
BMW・M5コンペティション M5は“羊の皮を被った狼”の代表 最高出力600ps標準仕様と同625psのコンペティションを設定 駆動方式は電子制御4WD ボディタイプは4ドアセダン ライバルはメルセデスAMG・E63Sなど 価格:8SAT 1877万円 Photo by Akihiko Kokubo

BMWのミドルモデル、5シリーズの頂点に立つM5がリファインを受けた。最新モデルは、一部内外装の変更やADAS、コネクティビティ機能の向上など各部をアップデート。フレッシュな魅力を放つ。

とくに走りに磨きをかけた存在
どの部分を見ても、1stモデルとは隔世の感

 試乗したM5コンペティションは、「サーキットで培った技術を余すことなく導入」したMハイパフォーマンスモデルの中にあっても、とくに走りに磨きをかけた存在。基本ディメンション&メカニズムはベーシックなM5と同様だが、専用チューニングでエンジン出力は25psアップの625psを発生。キドニーグリルやテールパイプエンドには専用仕上げが施され、シートベルトも独自意匠。見た目にも特別な演出がなされている。

 1st・M5の誕生は1985年。2nd・5シリーズをベースに、名車M1由来の自然吸気直6DOHC24V(286ps)を搭載するFRモデルとして誕生した。以来35年以上が経過した現在、スペックの向上は圧倒的だ。最新モデルの心臓部はツインターボ付き4.4L・V8ユニット。ベーシックモデルでも最高出力は600psとスーパーカー級。試乗車のコンペティションは625ps、最大トルクは過給機の効果で“超ド級”の750Nmを発揮する。このアウトプットを受け止めるため、駆動方式は4WD。どの部分を見ても、1stモデルとは隔世の感を抱かされる。