「運がよくなりたい」「いい人に巡り合いたい」「幸せな人生を送りたい」、それらを実現したいなら、考え方を変えればいい。最強の運を持つ「歩くパワースポット」が伝える「運」の磨き方をまとめた『SHOCK EYEの強運思考』には、強運を引き寄せる39の思考法がある。
人によっては、不幸、マイナス、ネガティブに映ることでも、自分がそう思わないなら、それが絶対に正しい。今すぐ答えを求めないことで、いくらでも未来は変えられる。

あるものを数えるけど、ないものは数えない

湘南乃風 SHOCK EYE
1976年神奈川県生まれ。RED RICE、若旦那、HAN-KUNと共に「湘南乃風」を結成。ヒット曲「純恋歌」「睡蓮花」は幅広い世代で歌い継がれている。プロデューサーとしても、ハロー!プロジェクト、ジャニーズWEST、YouTuberのフィッシャーズなどへの楽曲提供を行う。近年では、インスタグラム上で会員限定のコンテンツ「Shrinegram」を運営するなど、音楽以外でも幅広い活動を行っている。著書に『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣』『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている運気アップの習慣』(共に講談社)がある。

 不安を感じたとき、つい見て見ぬふりをしてしまう人……、いるんじゃないかな。あわてたり、早合点したり、見当違いの行動をしてしまう人もいるかもしれない。

 もしも不安を感じたら、僕はまずその原因を徹底的に探る。

 誰かが不安を煽ってきたとしても、自分の中に確信めいた真実があるなら、自分を信じる。自分自身が考え抜いて出した答えは、たとえそれが正解じゃなかったとしても、自分の自信を作っていく糧になる。だから僕は、不安を感じたときは無視をせず、大切なものとして扱っている。不安を悪いものだとは思わない。悪いのはむしろ、不安を増長させる自分の理解度の低さのほうだろう。

 よく考えてみると、不安もあるけど、それ以上に安心があるはずだ。不安と安心は対立するものではなくて、共存するものだって考えてみてほしい。

「日本に住んでいる」「どこからもミサイルが飛んでこない」「銃社会じゃない」「毎日食べる物がある」―そういうたくさんの安心があることを忘れて、不安ばかり見ているからネガティブになってしまうんじゃないかな。

 よそから不安を煽られることもあるかもしれないけど、たいていは自分が不安に思わなければいいことばかりだ。

 たとえば、道を歩いていたら車が飛び出してくるんじゃないか、何かが落ちてくるんじゃないかとか、そんなことまで心配する生き方を選んだら、不安で心ががんじがらめになってしまう。

 僕たちはどこかで折り合いをつけて、不安と共存しながら生きていくべきだ。見なくていい不安には目を向けない。それよりも安心に目を向けて、前向きになったほうがいい。あるものを数えるけど、ないものは数えない。

 そういう姿勢でいると、自分の周りにどんな不安がいくつあるのかが明確になる。そうなれば、不安を解消するための対策も取りやすい。

心に生じたノイズや小さな揺らぎに気づく

 不安は大きくなるとキツいから、僕は小さな状態のうちに対処している。心に生じたノイズや小さな揺らぎが、大きな波になる前に、表層にいる自分が潜在意識をくみ取って、違和感をなくすために行動していく。時には自分の心に「まぁまぁ、いまは黙っててよ」って呼びかけることもある。不安を解消するために、僕はちょっとしたザワつきでも、ちゃんと分析して向き合っている。

 かつての僕は、湘南乃風での自分の見られ方とか、存在意義について不安に思っていた。音楽で生活させてもらって、素敵な家族がいて、応援してくれるファンのみんなもたくさんいて、安心できるはずなのに、不安にばかり目を向けていた。

 でも、ちゃんと分析してみると、自分に実力が足りていないとか、認識が誤っていたとか、不安の原因が見えてきた。

 そうかと思えば、「湘南乃風がなくなったら、俺は一人でやっていけるんだろうか」なんて、まだ起こってもいないことを考えて不安になったこともある。そんなふうに不安になる時間があるなら、もっといい歌を書いたり、歌詞を書くために勉強したり、歌の練習をしたほうがいいし、自分のキャラクターの生かし方を考えようって思えた。

 不安はある、でも安心はもっとある。そうやって考えられれば、不安と付き合っていけるし、要らぬ不安と向き合う時間は、自分を高めるために使ったほうがいい。

関連記事「今年最強の運気アップ本、爆誕!