「運がよくなりたい」「いい人に巡り合いたい」「幸せな人生を送りたい」、それらを実現したいなら、考え方を変えればいい。最強の運を持つ「歩くパワースポット」が伝える「運」の磨き方をまとめた『SHOCK EYEの強運思考』には、強運を引き寄せる39の思考法がある。
自己肯定感は低かった。誰よりも不安だった。承認欲求は人一倍強かったからこそ、動き続けて貪欲に活動できた。常に前を見て走り続けてきたことで運気は磨かれるのだと思う。

大切なのは、「自分で自分を評価すること」

湘南乃風 SHOCK EYE
1976年神奈川県生まれ。RED RICE、若旦那、HAN-KUNと共に「湘南乃風」を結成。ヒット曲「純恋歌」「睡蓮花」は幅広い世代で歌い継がれている。プロデューサーとしても、ハロー!プロジェクト、ジャニーズWEST、YouTuberのフィッシャーズなどへの楽曲提供を行う。近年では、インスタグラム上で会員限定のコンテンツ「Shrinegram」を運営するなど、音楽以外でも幅広い活動を行っている。著書に『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている小さな習慣』『歩くパワースポットと呼ばれた僕の大切にしている運気アップの習慣』(共に講談社)がある。

 一時期、人に誘われてボクシングをかじっていたことがある。

 ロードワークに出るとき、僕は必要ないのに手にバンテージを巻いていた。パーカーのフードを目深にかぶったりもして、自分がロッキーになったような気分で「俺、なんかスゲー。誰も見てないけど、夜中に一人で走ってる!」みたいに、自分に酔って、そういう自分に没頭していた。

 その瞬間は、自分が何者でもないものになれる。

 神社に行ったり、山に登ったりしていると「何やってるんだろう」って思うけど、そんな自分に僕はこう声をかける。

「お前スゲーな、誰も見てないのに、みんなが『何やってるの?』っていうことを、黙々とお前はやっている。それってかっこいいじゃん!!」

 ボクシングのロードワーク、神社めぐり、登山など、他人から見れば「何やってるんだろう」っていう行動でも、重ねていくと心に自信が育つ。

「誰かが見ているからやる」「評価してもらえるからやる」ことも大事だけど、それがすべてになってしまうと、損得勘定が先に立つようになる。こうやったら褒められるとか、こうすれば失敗しないみたいな、ノウハウや方法論の話としてはいいけれど、僕が大事にしているのはそういうことではない。

 大切なのは、「自分で自分を評価すること」だ。

 できれば誰も見ていないほうがいい。

 たとえば、駐輪場で自転車がバーッと倒れていたら、誰も見てなくても直す。そうすると、心に清々しいものが残る。承認欲求が強い僕としては「感謝されたい」という思いもあるかもしれない。でも、誰に承認してもらえなくても、やる

 寄付もそうだ。影響力のある人が、目的を広めるために「寄付をしました」と宣言するのもいいと思うけど、自分しか知らない善行をするのが大切だ。その行いが自分を大きく強くする。神社でのおさい銭や奉納も同じだなって思う。

 損得勘定抜きに行動して、自分自身を誇れるようになってほしい人知れず積んだ善行が、自分の自信になっていく。

関連記事「今年最強の運気アップ本、爆誕!