少額から始める個人投資家にとって、最適の投資は「FX」でも「仮想通貨」でも「投資信託」でもない。「小型株集中投資」が一番だ。だが、ほとんどの人は、こう思うのではないか?
「集中投資は高リスクで危険」「分散投資は低リスクで安全」
「無名企業の小型株は不安定で損する」「有名企業の大型株は安定して儲かる」
あたかも常識のように思い込んでいることが、実際のところ「非常識」、大間違いなのである。
分散投資が有効なのは、保有資産が億単位の富裕層のこと。手元資金が少ない個人投資家が同じことをしても、お金はたいして増えない。実は小型株集中投資こそ、究極の投資法なのだ。これは大学生のときに知識ゼロから投資を始め、さまざまな失敗を経験しつつも、大きな資産を築いた
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の著者がたどり着いた“投資スタイルの最終結論”。基本的な戦略は、1年以内に株価3倍以上になる「小型株」を見つけて、1銘柄に集中投資すること。一般の会社員も、10年あれば資産1億円超えの“億り人”になれる可能性が高い投資手法だ。続編となる『小型株集中投資で1億円【実践バイブル】』では、さらに踏み込んだ実践的投資法を手とり足とり指南している。
著者は大学卒業後、ベンチャー企業に勤めたものの、小型株集中投資で得た資金をもとに26歳で早々にFIRE(早期リタイア)。投資をしながら、悠々自適に自由を謳歌している。その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医者、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1200人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用して欲しい」と頼まれたこともあるが、外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。
最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1200%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている著者が、自らの投資手法を公開する。
(こちらは2019年12月の記事を再掲載したものです)

【FIREするなら小型株集中投資が最短コース】<br />ふつうの会社員でも<br />低リスクで1億円をつくれる<br />たった1つの方法Photo: Adobe Stock

はじまりは夏休みの暇つぶし

 私が投資をはじめたのは、大学3年生のときでした。

 大学の夏休みは、8~9月にかけて2ヵ月くらいあります。

 その間、「なにか新しいことをはじめてみよう」と思い、ふと頭に浮かんだのが、たまたま「投資」だったのです。

 とても軽いノリだったのですが、これが人生のターニングポイントになりました。

 とはいえ、当時は投資の知識がほとんどありませんでした。

 映画やマンガの一場面でみたくらいの知識しかなく、「大金を動かして、なんだかカッコよさそうだな」という漠然とした印象でした。

 そうやって、夏休みの暇つぶし程度の感覚で、「うまくいけばお金も増えて一石二鳥じゃん!」と、のん気に考えていたのです。(これが仇あだとなって、のちに痛い目にあいます……)

 投資といっても、具体的になにをどうすればいいのか、まったくわかりません。

 本当に“投資知識ゼロ”だったのです。

 インターネットでいろいろと調べるところから、手探り状態でスタートしたのでした。