株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した愛着のある地元を自分の力で再生する資金作りのためだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。
野村證券の社員だった20代の頃、不動産投資に目覚めた。仕事柄、株式投資のノウハウはあったものの、不動産投資はズブの素人。不動産投資に関する本を100冊以上読むところから始め、不動産会社を50社以上巡ったものの、不動産投資初心者の20代OLはナメられ、まともには相手にされなかった……。
その1年後、ついに運命の1棟目に出会う。4500万円を超える金融機関からの借入金にも、一切ためらいはなかった。ローンを抱える怖さより、「これでようやくスタートラインに立てた!」という興奮のほうがはるかに大きかった。それは不動産投資で成長できると思っていたから。
とんとん拍子で物件を増やしている凄腕ウーマンの「不動産投資で勝つ6つの力」を徹底解説。FIRE(経済的自立と早期退職)を果たした多くの人が展開している不動産投資の極意がわかる。

【不動産投資こそFIREへの近道】<br />「銀行融資=リスク」ではない!Photo: Adobe Stock

資産1億円に一番手っとり早く
確実に近づけるのが不動産投資

 人生100年時代となったいま、いずれ公的年金の受給開始年齢は70歳以降になる可能性が高いといわれています。

 50年くらい前は「55歳定年」が一般的だったのが「60歳定年」になり、いまでは段階的に「65歳定年」まで上がってきています。

 60歳以降も雇用が継続されたとしても、多くの会社では年収が激減するのが実状です。

 老後の年金はあてにできないし、いつまで仕事で収入を得られるかわからない……。そうなると、お金の問題は自力で解決しておかなければなりません。

 そんな目の前の厳しい現実に不安を感じている人も多いことでしょう。

 そんな不安を解消するためにはまず、「何歳までにどのくらいの資産を形成すれば、余裕で生活できるようになるか?」を真剣に考えて、シミュレーションしてみること。

 そして、目の前の現実をきちんと数字で“見える化”して、必要な対策を考えて目標を立てることです。

 私の周りにいる個人投資家で多いのは、「60歳までに資産1億円」を目標にしているケースです。

 1億円あれば、利回り5%で運用すると年間500万円、利回り3%でも300万円の収入を得られます(税引き前)。

 住宅ローンの支払いや子育てが終わったあと、それだけの収入を得られるならば生活に困りませんし、趣味も楽しめるでしょう。

 仮に、毎年300万~500万円を使い切ったとしても、1億円は残っているわけですから、将来的に介護が必要になっても家族に迷惑をかけずに済みます。

 利回りを生む資産1億円の目標に向かって、一番手っとり早く確実に近づけるのが不動産投資だと私は思うのです

不動産投資は自分で
コントロールできるリスクが大半

 不動産投資に興味はあっても、「リスクが高そう」「難しそう」「面倒くさそう」という先入観を抱いて、なんとなく敬遠している人は多いはず。

「不動産なんて数千万円もする高い買い物だから、普通の会社員には手が出ない」「銀行に借金をしてまで不動産投資をする勇気なんてない」と考える人も多いです。

 けれども、株式投資やFX(外国為替証拠金取引)、商品先物取引などは自分でコントロールできない外的要因が多いのに対し、不動産投資は自分でコントロールできる内的要因が大半という点で、むしろ健全で堅実な投資だといえます。

 人は自分がよく知らないことには、不安を抱きやすいものです。それがお金のことになればなおのこと。

 金融機関から融資を受けて、借金することに漠然とした恐怖を感じるのも当然でしょう。

 私も、不動産投資について知識がなかった頃は、自分とはまったく関係のない別世界の話だと思っていました。

 ところが、「借入金=リスク」という先入観だけで思考停止するのは実にもったいないと、私は自信を持ってお伝えできます。

 そもそも自分が買った不動産は、立派な「資産」になるのです。

 不況になって株価が大暴落しても、家賃はそう簡単には下がりません。

 2年間から3年間の契約期間中は家賃が変動しませんし、契約期間が満了したとしても家賃相場は株価ほど乱高下しないのが現実です。

 不動産はしっかりと空室対策さえすれば、景気がよくても悪くても毎月決まった収入が安定確保できるのです。