株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した愛着のある地元を自分の力で再生する資金作りのためだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。
野村證券の社員だった20代の頃、不動産投資に目覚めた。仕事柄、株式投資のノウハウはあったものの、不動産投資はズブの素人。不動産投資に関する本を100冊以上読むところから始め、不動産会社を50社以上巡ったものの、不動産投資初心者の20代OLはナメられ、まともには相手にされなかった……。
その1年後、ついに運命の1棟目に出会う。4500万円を超える金融機関からの借入金にも、一切ためらいはなかった。ローンを抱える怖さより、「これでようやくスタートラインに立てた!」という興奮のほうがはるかに大きかった。それは不動産投資で成長できると思っていたから。
とんとん拍子で物件を増やしている凄腕ウーマンの「不動産投資で勝つ6つの力」を徹底解説。FIRE(経済的自立と早期退職)を果たした多くの人が展開している不動産投資の極意がわかる。

【不動産投資こそFIREへの近道】<br />大きな借入金にも<br />ためらいは一切なしPhoto: Adobe Stock

金融機関からの融資は
不動産投資家としてのスタートライン

 私が1棟目を買うまでは、けっこう時間がかかりました。

 不動産会社を50件ほど巡りましたが、結局のところ当時の勤務地だった地元の愛知県では、いい手応えを得られませんでした。

 そこで、東京の不動産セミナーに参加して、不動産会社の人に「地元の愛知県で物件を探しているんです」と積極的に種を蒔いたのです。

 すると、ある担当者が私のことを覚えていてくださって、しばらく経ってから愛知県内の優良物件を紹介してくれました。

 このように同じエリアで物件探しがうまくいかないときは、まったく別のエリアでリサーチしてみるのも1つの手です

 特に東京の不動産会社は、地方の物件も扱っているケースが少なくありません。

 記念すべき1棟目は、地元・愛知県某市の築18年・重量鉄骨造の丈夫そうな1棟アパートでした。

 1Kが全10室、販売価格4800万円、表面利回りは10.79%でした(表面利回りというのは後述します)。

 私は購入前に現地を訪れ、「自分がここで一人暮らしをするとしたらどうだろう?」という“入居者目線”でじっくりと観察してみました。

 最寄り駅から徒歩8分。実際に駅から歩いてみると街並みが明るく、街灯のある通り沿いの物件なので暗がりがなく、女性の会社帰りでも安心です。

 途中にスーパーやコンビニもあり、会社帰りに食材や飲料、日用雑貨品などを買うことができるので、「ここなら入居者がつくだろう」と実感して、契約することを決断しました。

 もうワクワクが止まらなくて、一日も早く買いたかったので、焦る気持ちと冷静になろうとする気持ちのせめぎ合いでした。

 ありがたいことに不動産会社が金融機関を紹介してくれて、自己資金250万円、金利3.175%、返済期間32年で4500万円ほどの融資を受けられました。

 この借り入れに対するためらいは一切ありませんでした。ローンを抱えることへの恐怖心よりも、「これでようやく不動産投資家としてスタート地点に立てたんだ!」という興奮のほうがはるかに大きかったのです

 融資を受けるには、金融機関の「融資審査」があります。事前に不動産経営についての「事業計画書」を作成し、金融機関の融資担当者に説明するのですが、私は心臓が飛び出るかと思うほど緊張しました。

 融資担当者との面談では、私が将来、生まれ故郷の地域活性化のため、30歳までに資産10億円、40歳までに資産100億円を目標にしていることを含めて説明しました。

 すると融資担当者は「応援します」と好意的な反応を示してくれたので、ホッと胸をなでおろしたことを覚えています。

 これを機に「不動産投資家として成長して、どんどん事業を拡大していこう」とあらためて決意を固めることができました。