株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した愛着のある地元を自分の力で再生する資金作りのためだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。
野村證券の社員だった20代の頃、不動産投資に目覚めた。仕事柄、株式投資のノウハウはあったものの、不動産投資はズブの素人。不動産投資に関する本を100冊以上読むところから始め、不動産会社を50社以上巡ったものの、不動産投資初心者の20代OLはナメられ、まともには相手にされなかった……。
その1年後、ついに運命の1棟目に出会う。4500万円を超える金融機関からの借入金にも、一切ためらいはなかった。ローンを抱える怖さより、「これでようやくスタートラインに立てた!」という興奮のほうがはるかに大きかった。それは不動産投資で成長できると思っていたから。
とんとん拍子で物件を増やしている凄腕ウーマンの「不動産投資で勝つ6つの力」を徹底解説。FIRE(経済的自立と早期退職)を果たした多くの人が展開している不動産投資の極意がわかる。

【不動産投資こそFIREへの近道】<br />不動産投資で絶対に抑えておきたい<br />たった1つの鉄則とは?Photo: Adobe Stock

収支が合わない物件を
平気で売りつけてくる

 不動産投資をはじめてから、いろいろなタイプの不動産投資家と交流してきました。

 そのなかで、不動産投資で失敗してしまう投資家の共通点が見えてきました。

 それは「勉強しない」「リサーチしない」「(物件探しの)努力をしない」「人を疑わない」ことです。

 このような“ないない尽くし”の人は、不動産会社にとって、鴨かもがネギを背負ってくるようなものなのです。

 会社勤めをしていると勤務先に突然、知らない不動産会社からワンルームマンション投資の営業電話がかかってくるという話をよく聞きます。

 こうした業者のなかには“鴨ネギ”の素人を相手に、収支が合わない物件を平気で売りつけてくるケースもあるようです。

 よくあるのは、「老後の年金代わりになりますよ」「節税対策になりますよ」「こんな好条件の物件はなかなか出ませんよ」といったセールストークに興味を抱き、コロッと騙されてしまうケースです。

 なかには、リスクをまったく伝えない不動産会社の巧妙な話術に乗せられて、粗悪な条件の赤字必至の物件に手を出してしまう人もいます。

 見ず知らずの不動産会社が、わざわざ飛び込みの電話をしてまで売りつけてくる物件は、明らかに買い手がつかない物件です。

 買い手がつかないというのは、それだけ条件が悪いということ。

 もし優良物件なら、営業するまでもなく売れるでしょうし、そもそも本当に儲かるのなら、営業担当が自分で投資しているはずです。

 ポストインされているチラシなどを含め、「不動産会社側からやってくる物件には手を出さない」というのは、不動産投資の鉄則です