株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した愛着のある地元を自分の力で再生する資金作りのためだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。
野村證券の社員だった20代の頃、不動産投資に目覚めた。仕事柄、株式投資のノウハウはあったものの、不動産投資はズブの素人。不動産投資に関する本を100冊以上読むところから始め、不動産会社を50社以上巡ったものの、不動産投資初心者の20代OLはナメられ、まともには相手にされなかった……。
その1年後、ついに運命の1棟目に出会う。4500万円を超える金融機関からの借入金にも、一切ためらいはなかった。ローンを抱える怖さより、「これでようやくスタートラインに立てた!」という興奮のほうがはるかに大きかった。それは不動産投資で成長できると思っていたから。
とんとん拍子で物件を増やしている凄腕ウーマンの「不動産投資で勝つ6つの力」を徹底解説。FIRE(経済的自立と早期退職)を果たした多くの人が展開している不動産投資の極意がわかる。

不動産投資 女性Photo: Adobe Stock

不動産投資で大切なのは
センスより愚直さや真面目さ

 これまで7棟を所有して資産7億5000万円、年間2000万円のキャッシュフロー(純現金収支=手元に残るお金)を得るようになってつくづく思うのは、不動産投資は「事業」だということです。

 私は、まだ証券会社に勤めていた2016年、3棟目を購入するときに法人登記してからは、法人名義で不動産を購入し、黒字決算を続けています。

 その翌年(2017年)に4年勤務した野村證券を退職したのは結婚がきっかけでしたが、「不動産投資でやっていける!」と確信できたからこそなのです。

 そういう意味でも、20代で早めに不動産投資をはじめて本当によかったと思っています。

 資産運用する「事業」として大きな柱ができると、他の仕事を含めていろいろなことに挑戦できるようになるからです。

「若いのに不動産投資なんてよくやるね」といわれることもありますが、若いからこそ10年、20年、30年の長期スパンで余裕を持って計画を立てられるのです。

 もしうまくいかなくても、若ければ、方向転換すればいいだけですから。

 女性の場合、結婚、出産、育児などでライフスタイルが大きく変わる可能性があります。

 それを不動産投資のリスクだと考える人がいるかもしれません。

 でも、ライフスタイルが変わっても資産を増やせる手段こそ、不動産投資なのです。

 不動産賃貸業の黒字化が続けば、出産や子育てなどで仕事を一時中断することがあっても困ることはありません。

 会社員は学歴や人脈、ビジネスセンスなどが重視されますが、そういったことは不動産投資で成功するためにはあまり関係ありません。

 不動産投資で大切なのは、むしろ愚直さや真面目さ。誰でもやろうと思えばできることばかりです。

 キャッシュフローを増やしていくために、やるべきことは決まっているので、それを1つひとつコツコツ実践していくイメージです。

 これから不動産投資をはじめる人は、「長期安定の新規事業」のつもりでスタートすることをおすすめします。