就活本に初めて「自己分析」の考えを取り入れた本として
13年連続大学生協第1位のベストセラーを誇る『絶対内定』シリーズ。
ただ内定をとるためだけではなく、「心から納得のいく進路が見つかる」「本当にやりたい仕事がわかる(やりたいことに気づける)」「自分らしく働ける会社と出合える」「入社してから『こんなはずじゃなかった』と後悔しない」ための1冊であることが大きな特徴だ。
キャリアデザインスクール「我究館」のもつ、9800人以上におよぶ就職・転職指導の経験を活かしたノウハウが、このシリーズには詰まっている。
コロナ禍で価値観が大きく変わるなか、会社選びも大きく変わってきている。
自分らしい働き方とは、生き方とは…、
今、じっくり自分と向き合う時間を『絶対内定』と過ごす就活生が増えている。
今回は、面接で必ず聞かれる59の質問の意図と攻略法をまとめた『絶対内定2023 面接の質問』から最重要の質問を厳選。そのポイントを紹介する。
(構成/藤本健司、ダイヤモンド社・朝倉陸矢)

【直前でも間に合う!面接対策】<br />「あなたの特技は何ですか。」の意図と攻略法Photo: Adobe Stock

「あなたの特技は何ですか。」という質問の狙い

何が得意なのかを知ることで、「本来のきみはどんな人なのか」を把握しようとしている。

・きみらしさを知ろうとしている。
・特技はどのレベルなのかをチェックしている。
・どんな経験をしてきているのかを見ている。
・興味・関心の幅はどれぐらいあるのかを見ている。
・物事に対して、どこまで一生懸命になれるかを測っている。

攻略のポイント

・気張ることなく、リラックスして、普段どおり答えよう。
・なぜその特技を持ったのかも伝えたい。
・どれだけのめり込んだのか、どのレベルにまでなったのかをアピールしたい。
・その特技の面白みを深いレベルで語れ。それがきみの特技だからこそわかる面白みを、大いに語れ。
・そして面接官もそれを特技にしたくなるほどに、面接官を楽しませよう。
・その特技を持っていて良かったことを、エピソードを交えて語りたい。
・特技の話をすることで、人間としての幅、経験の幅をアピールせよ。
・さらには興味・関心の幅も示してやれ。
・コア(人生を通じて実現したいこと)につなげて語ると、非常に効果的である。

趣味・特技で自分自身の人間性と人間としての幅、そして本気度を示そう。

なお、特技である以上、その場でやってみてくれと言われても、ちゃんとできるようにしておこう。

たまに、「特技は韓国語です!」と言いながら、「じゃあ、しゃべってみて」とふられると、「今はできません……」と言う、笑えない状況に陥る学生がいる。気をつけるように!

(本稿は、『絶対内定2023 面接の質問』『絶対内定2023 自己分析とキャリアデザインの描き方』を抜粋、再構成したものです)

関連記事 なぜ「不本意就職」してしまうのか?納得のいく就活をするために一番たいせつなこと