就活本に初めて「自己分析」の考えを取り入れた本として
13年連続大学生協第1位のベストセラーを誇る『絶対内定』シリーズ。
ただ内定をとるためだけではなく、「心から納得のいく進路が見つかる」「本当にやりたい仕事がわかる(やりたいことに気づける)」「自分らしく働ける会社と出合える」「入社してから『こんなはずじゃなかった』と後悔しない」ための1冊であることが大きな特徴だ。
キャリアデザインスクール「我究館」のもつ、9800人以上におよぶ就職・転職指導の経験を活かしたノウハウが、このシリーズには詰まっている。
コロナ禍で価値観が大きく変わるなか、会社選びも大きく変わってきている。
自分らしい働き方とは、生き方とは…、
今、じっくり自分と向き合う時間を『絶対内定』と過ごす就活生が増えている。
今回は、インターンシップで評価される学生の特徴についてお伝えしていく。
(構成/藤本健司、ダイヤモンド社・朝倉陸矢)

【23卒インターンシップ】<br />人事の評価が高い学生に共通する3つの特徴とは!?Photo: Adobe Stock
我究館・藤本健司副館長 藤本健司(ふじもと・けんじ)
我究館館長
千葉大学教育学部卒業後、(株)毎日コムネット入社。営業に配属され、2年目に優秀社員賞、3年目に社長賞を受賞。2012年「世界の教育問題に対峙したい」との思いから、青年海外協力隊としてケニア共和国で活動。3年間、JICAや現地の省庁と連携し、児童福祉施設における情操教育やカウンセリングに携わり、「人は志や気づきによって大きな成長を遂げられる」ことを実感する。2016年より(株)ジャパンビジネスラボに参画。我究館学生校の主担当コーチとして大学生をサポート。外資系投資銀行、コンサルティングファーム、総合商社、広告代理店など、難関企業に多数の内定実績がある。

人事はグループワークで何を見ているのか

どんな学生がインターンシップ中のグループワーク(GW)で評価されるのか。人事に聞いたところ、次の3点に集約される。

成長性
インターンの「参加中」にどれだけ成長することができるのか。難解な課題が出されるため、すべての学生は、現在の能力や知識では歯が立たないことを知る。その壁をどのように乗り越え、何を学ぶのかを見ている。参加後に「何を学んだのか」についてレポート提出を求める企業もある。

積極性
「受け身」ではなく「主体性」がどれだけあるか。成長や貢献に対する貪欲さがどれだけあるか。

かわいげ(人としてのチャーミングさ)
そもそも印象として「気持ちのいい人」か。あいさつや笑顔、がんばる姿など、ついつい応援したくなるタイプか。きみを数日かけてじっくり見てもらえる分、きみにこの素質が備わっていれば、相当なアピールになる。「一緒に働きたい」と思ってもらえるだろう。

GWで評価される学生の傾向

「成長性」「積極性」に関して、求められる具体的な行動について、ここでは説明する。GWのよくある失敗に、「ほかの参加者に圧倒されている間に『自分としては』一生懸命がんばったつもりだけど、たいした活躍もなく気づいたら終わっていた。『成長実感も評価もどちらも得られていない』気がする」というものがある。心情的にはそういうケースがあるのも理解できる。

しかし、5daysなどのインターンを何社も受けることは日程的にも難しいはず。だとしたら、目の前のチャンスをものにすることが大切だ。「当たり前」や「知っている」と思うものがあるかもしれないが、「できているか」を自問してみよう。そして、参加の前日、当日に見返してから家を出発しよう。