「株式投資に興味があるけど、何から始めればいいの?」ーー。そんな株式投資ビギナーにおすすめしたいのが『5万円からでも始められる! 黒字転換2倍株で勝つ投資術』(馬渕磨理子著、ダイヤモンド社、6月16日発売)です。全国各地のセミナーで5年間にわたって個人投資家の方々にお伝えしてきた、的中率70%超の堅実な投資法を紹介。「黒字転換2倍株投資術」とは、四半期決算データで営業利益・経常利益が「赤字」から「黒字」に転換するタイミングの銘柄をいち早く見つけて買い、2倍になったら売るというシンプルな方法。「リスクを取りたくない、損切りの回数を減らしたい、でも利益は欲しい!」という堅実派の人にも始めやすい、マイルドな投資法です。本連載は、同書の中からエッセンスを抜き出してお届けします。これから株式投資を始めたい人、もっと勝率を高める方法を探している人、必読です。

リスクを嫌う日本人にも<br />おすすめできる<br />黒字転換2倍株投資とは?Photo: Adobe Stock

黒字転換(クロテン)2倍株投資は
「マイルドな投資法」

 あなたは2倍株と聞いて、どう思われましたか?

 株式投資初心者の方であれば、「お金が2倍になったらいいな!」と思われたかもしれませんね。

 しかし、中上級者であれば、「せっかくなら5倍、10倍を狙いたい!」と思った方も多いでしょう。

 株式投資で2倍を狙うというのは、そんなにハードルの高い投資法ではありません。リスクを抑えつつもリターンを狙う、黒字転換(クロテン)2倍株投資は「マイルドな投資法」であり、私も含めて日本人の多くが受け入れやすい投資法と言えます。

 株式投資は「安いときに買って、高いときに売れば」利益を得られます。

 しかし、その株価がそもそも値段が安いのかどうかの判断が難しい上に、今後値上がりするか、値下がりするかどうかもよくわからない。だからうまくいかないのです。

 クロテン2倍株は、それまで赤字で人気のなかった銘柄が黒字転換し、その後、継続的に黒字化する可能性を見極めることで、安いうちから仕込もうというものです。

 もともと安いところで買うために、大きな値下げや急落のリスクも少なく、損切りを迫られることも少ないと言えます(もちろん絶対ではありません)。

「堅実にリスクを取りたくない、損切りの回数を減らしたい、でも利益は欲しい」という堅実派のあなたにピッタリの方法なのです。

リスクを嫌う日本人にも<br />おすすめできる<br />黒字転換2倍株投資とは?馬渕磨理子(Mabuchi Mariko)
経済アナリスト、認定テクニカルアナリスト
フィスコ金融・経済シナリオ分析会議 研究員
日本クラウドキャピタル マーケティング・未上場マーケットアナリスト
フジテレビ系列LiveNews αレギュラーコメンテーター
滋賀県出身。同志社大学法学部卒業、京都大学大学院公共政策大学院卒業、公共政策修士。2013年関西の某医療法人に入社後、資産運用トレーダー業務を始める。独力で財務・経営分析力を磨いた結果、資産を3倍にする。2015年独立系金融情報配信会社FISCOのアナリスに転身。上場企業の経営者を中心にインタビューし、個別銘柄分析や日本・韓国・米国経済等の市況分析に従事。入社当時、アナリストだった上司より「堅実な銘柄選定法」として「黒字転換2倍株」のノウハウを受け継ぐ。2017年からは日本クラウドキャピタルにも籍を置き、日本初の未上場マーケットアナリスト兼マーケティング担当として活動。雑誌・Webなど連載多数。「PRESIDENT」本誌にも多数記事を掲載。「プレジデントオンライン」の執筆記事は、2020年の半年間で累計6000万PVを超え、「日本一バズるアナリスト」ともいわれる。2020年11月ラジオ日経にて「馬渕磨理子の5分で教えて!ベンチャー社長」がスタート。初の著書『5万円からでも始められる! 黒字転換2倍株で勝つ投資術』をダイヤモンド社から2021年6月16日に上梓。