どういうことかというと、iPhoneのSafari、それにAndroid・iPhoneでもChromeといったブラウザでは、怪しげなWebサイトにアクセスしようとしたときはこのような「セーフブラウジング」と呼ばれる警告機能が働いて、マルウエアを仕掛けようとするWebサイトや情報を盗み取ろうとするWebサイトへのユーザーのアクセスを直前で食い止め、ユーザーのスマートフォンがマルウエアに感染したり、個人情報が漏えいしたりすることを防いでいるのだ。

 つまり、この画面が表示された、ということはまだギリギリ、あなたのスマートフォンは被害を受ける寸前で止まっているということになる。ここで引き返せば、被害者にならなくて済む、というわけだ。

 言ってみれば、自動車で事故を起こしそうになったときに自動で非常ブレーキがかかって「ギリギリ」避けられたような状態。非常ブレーキがかかるような運転をしたこと自体が褒められたことではないように、あなたも褒められたものではないようなスマホの使い方をしたのかもしれない。

 例えばメールから誘導されて、アクセスしたアドレスでこれが出てきたら、そのメールが詐欺メールだったということだ。メールそのものにウイルスなどを感染させる力はないが、メールの誘導先は危険ということ。うかつに触るとまた真っ赤な画面が表示されることになるので、メールも削除しておいたほうがいいだろう。