初デートで「もう一軒」と誘ってきた運命の女性の正体とは(写真はイメージです) Photo:PIXTA

吉本でお笑いコンビ『オオカミ少年』で活動する傍ら、探偵事務所の代表を務める筆者の元には不倫調査からペット探しまで幅広く依頼が来ます。年の瀬に夜の繁華街を1人で歩いていると、嫌でもイルミネーションの中を仲むつまじく歩くカップルが目に入ります。クリスマス、大みそかを1人で迎えたくない、だけど仕事ばかりで出会いもない独身男性の強い味方がマッチングアプリです。一昔前は出会い系サイトと呼ばれ、あまり良い印象はないものでしたが、今はマッチングサイト、アプリと名を変え、そうしたサイトで出会うことに抵抗がない人が増えています。一方で便利なものには当然リスクもつきまといます。今回はそんなマッチングアプリで出会った女性にまつわる相談を紹介したいと思います。(探偵芸人 オオカミ少年・片岡正徳、文中は全て仮名)

依頼者:マサヒロ(40歳大手企業に勤めるサラリーマン)
相談内容:好きな女性の素性を調べてほしい

高学歴、高収入の40歳奥手男性
彼女なしに焦ってマッチングアプリに登録

オオカミ少年・片岡正徳
オオカミ少年・片岡正徳

 今回のお話は今から2年ほど前、高校時代からの知り合いであるマサヒロから受けた依頼のお話です。

 昔から頭の良かったマサヒロに、私は高校時代よくノートを写させてもらっていました。そしてマサヒロはそのまま落ちぶれることなく東京の有名私大に入り、今は大手企業で働いています。給料も同世代からするとかなりの高額で、はたから見ると順風満帆に見えます。ところが彼には欠点がありました。それは女性と付き合った経験がなく、奥手で全くモテないことです。