衝撃の事実…!世界21カ国で150万人以上の子どもがコロナで保護者を失ったPhoto:PIXTA

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが世界中の家族にもたらした悲劇的な影響が、また1つ明らかにされた。米疾病対策センター(CDC)のSusan Hillis氏らが実施した新たな研究で、COVID-19で親や祖父母、その他の保護者を失った18歳以下の子どもの数は、世界21カ国で150万人以上に達すると推算された。この研究の詳細は、「The Lancet」7月31日号に掲載された。

 この研究では、世界21カ国の超過死亡およびCOVID-19による死亡のデータと出生率に関するデータを用いて数学的モデルを構築し、COVID-19により父母やその他の保護者を失った18歳以下の子どもの数の最小値を推算した。対象となった21カ国は、ヨーロッパ、南北アメリカ、アフリカ、東南アジア、東地中海地域、西太平洋地域の国々である。Hillis氏らによると、2021年4月30日までの時点でのこれらの地域におけるCOVID-19による死者は、世界のCOVID-19関連死者の76.4%を占めているという。

 分析の結果、2020年3月1日から2021年4月30日までの間に、113万4,000人の子どもが、主要な保護者(父母または親代わりの祖父母)の死を経験していたことが明らかになった。また、1人以上の主要な保護者または第二保護者(同居する祖父母や高齢の親族)を亡くした子どもの数は156万2,000人に上ると推算された。