Fさんが60歳になった時の
Fさん一家の金融資産保有額は?

 奥さまが55歳になって以降は奥さまの収入が無くなる一方、奥さまがFさんの扶養家族になります。また、奥さまのセカンドライフ費用が増えることでしょう。生活費、家賃は変わらないものとしますが、セカンドライフ費用で年50万円の支出が増えることにします。

 すると、年間支出は現在の276万円に50万円が加わるので326万円になります。Fさんの収入が額面750万円で変わらなければ、年間支出が50万円増えても300万円の貯金は頑張れば可能だと思います。しかし、前述のように使途不明金は不問にすることから、56歳以降の貯金の年間積み立て額は100万円減の200万円としましょう。

 Fさん夫婦が55歳から60歳になるまでの5年間では、200万円×5年で1000万円がさらに上乗せされることになり、Fさんが定年退職する60歳までに貯金は2500万円できることになります。

 Fさん一家が保有する金融資産は貯蓄が4500万円、株式1000万円、投資信託2500万円の合計8000万円。退職金はFさんが1500万円、奥さまは200万円と書かれていますが、奥さまは55歳で退職するので退職金は150万円とします。

 すると、保有する金融資産が8000万円、退職金が2人合計で1650万円、60歳までに上乗せされる貯金が2500万円なので、60歳時点では1億2150万円の金融資産を保有していることになります。