いよいよ2022年4月から、日本の高等学校でも「資産形成」や「投資」の授業がスタートする。人生100年時代の今、大人も子どもも、お金の教養は喫緊の課題となっている。だが、日本人はお金の教養がないといわれて久しい。一方、投資先進国アメリカの学生は幼少期から、日本人が知らない「3つの力」を学んでいる。それが、「稼ぐ力」「貯金力」「投資力」だ
3つの力が身につく話題の書『13歳からの億万長者入門──1万円を1億円にする「お金の教科書」』が9/29、ついに日本上陸。
★Amazon.com「1400以上の読者評価、星5つ中の4.6の高評価
★Amazon.com「Children's Moneyジャンルのベスト10の常連
★ベストセラー『生涯投資家』村上世彰氏絶賛
原書タイトルは『HOW TO TURN $100 INTO $1,000,000:Earn!Save!Invest!(1万円を1億円にする方法:稼いで、貯金して、投資しよう!』(Workman Publishing)。
ほとんどお目にかかったことのないタイトルだが、訳者の関美和氏(ミリオンセラー『FACTFULNESS』訳者)は、「釣りタイトルと思われるかもしれませんが、決してそうではありません。大人も子どもも楽しみながら学べる、真っ当なお金の教科書です」という。
この本は、権威ある「エミー賞」を受賞した全米の人気テレビ番組『Biz Kid$』(子ども向けの経済教育番組。2008年に放送開始後、全世界で1500万人以上が視聴。全米16州では金融教育番組として推奨)をもとに、著者たちが同名の金融教育プログラムを創設。長年にわたり数百人もの子どもたちと、過去から現在(ベゾス、バフェット等)までの億万長者のヒミツを徹底調査。幼い頃からどんなことをすれば、ゼロから1億円をつくれるのかをとことん研究した。カラー図解で実用性×遊び心×やる気に火をつける稀有な本だという。
では、日本の学校では絶対教えてくれない「3つの力」「億万長者マインドセット」「1万円を1億円にする方法」を著者に、こっそり教えてもらおう。

歴史上今ほど<br />1億円が簡単に手に入る時代はない!<br />アメリカの学生が幼少期から学んでいるのに、<br />日本人だけが知らない「3つの力」Photo: Adobe Stock

1ドル札を100万ドル積み重ねると
何メートルになる?

 1億円。1の後にゼロが8個ついた数字。

 最近は1億円どころか、1000億円なんて金額も話題にのぼる。

 人によっては1億円は大金かもしれないし、そうでもないかもしれない。

 誰と比べるかにも、何と比べるかにもよる。

 だが、ほとんどの人にとって1億円は大金だ。

 1ドル札を100万ドル(およそ1億円)分積み重ねると、350フィート(およそ107メートル)もの高さになる。

歴史上今ほど<br />1億円が簡単に手に入る時代はない!<br />アメリカの学生が幼少期から学んでいるのに、<br />日本人だけが知らない「3つの力」1ドル札を100万ドル分積み上げると、350フィートの高さになる(およそ107メートルといったほうが世界のみんなにはわかりやすいかな)。さあ、これから貯蓄口座にお金を積み上げよう!

 だが、何百億、何千億の資産を持つお金持ちにとっては、1億円なんて、はした金にすぎない。

 すべては見方によるけれど、僕たちから見れば1億円が大金だということは間違いない。

 さてここで、真面目な話をしよう。

 いや、それほど真面目でもないかな。

 おもしろおかしく、でも真剣に話してみるとしよう。

 この本を読んだからといって、みんなが一生のうちに1億円を手にできるわけではない。

 むしろ、1億円なんて目標に手の届かない人がほとんどだ。

 1億円が簡単に手に入るなら、今頃誰もが億万長者のはず。

 そうだよね?

 1億円を貯めるのに必要なのは、決意と努力と多少の犠牲だ。

 そのくらいなら誰にでもできそうだが、ほとんどの人はやらない。

 でも、経済的自由を手に入れるためには、そのくらいは長い目で見れば小さなことでは?

 驚いたことに、そんなこともできないという人がいる。

9割の人は「1億円を貯めたい」
と言いながら、行動しない

 というか、9割の人は「1億円を貯めたい」と言いながら、行動しない

 今あるお金を貯められないばかりか、必要もないのにクレジットカードを使ったり借金をしたりして、明日のお金まで使ってしまう人も多い。

 自分が稼げる収入を超えた身の丈に合わない暮らしをしたがる人は珍しくない。

 彼らは「宵越しの金」を持たず、明日のために蓄えようとしない。

 だが、これだけはわかってほしい。

 先々必ずお金が必要になるということを。

「お金があるといい3つの理由」がある。