動物の「ラマ」の抗体がコロナ治療に有効!?最終的には点鼻スプレー化も!?写真はイメージです Photo:PIXTA

 ラマ由来の小さな抗体「ナノボディ」が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療の選択肢に加わる日が来る可能性を示した研究結果が、「Nature Communication」に9月22日に発表された。研究グループは、新型コロナウイルスに強力に結合して中和するこの抗体は、最終的にはラボで作製して点鼻スプレーで投与できるようになると見ている。

 抗体、すなわち免疫グロブリンは、一般に重鎖と軽鎖から成る。両鎖の先端部分は可変領域と呼ばれ、さまざまな抗原と結合できる。ラマやアルパカなどのラクダ科の動物は、重鎖のみでできた免疫グロブリンを産生でき、その重鎖の可変領域をナノボディと呼ぶ。

 研究論文の責任著者で、英ロザリンド・フランクリン研究所のRaymond Owens氏らは今回、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質の一部である受容体結合ドメイン(RBD)をフィフィという名のラマに注射した。スパイクタンパク質はウイルス表面に存在するタンパク質の一種で、ウイルスはこのタンパク質を介して細胞に侵入する。この注射により、フィフィの体内で免疫システムが作動し、新型コロナウイルスと戦うためのナノボディが産生された。