5〜11歳児のコロナワクチン接種について、親が知るべき7つのポイント写真はイメージです Photo:PIXTA

 米国では、5~11歳の小児に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が承認された。これを受け、接種対象年齢の子どもを持つ親たちは、ワクチンの安全性や接種の必要性に関して疑問を抱いている。米コロラド小児病院の小児感染症専門医Donna Curtis氏が、そうした疑問に対する回答を示した。

●5~11歳児向けのコロナワクチンとはどんなものか

 5~11歳児用のワクチンは、2020年12月から成人に投与されている米ファイザー社製のワクチンの用量を3分の1にしたもの。米食品医薬品局(FDA)に提出されたデータによると、このワクチンの5~11歳児におけるCOVID-19の発症予防効果は90.7%と示されている。大人や青年と同様に、5~11歳児でも、1回目の接種から3週間後に2回目の接種が必要である。

●5~11歳児にワクチン接種は必要なのか

 Curtis氏は、「われわれは、小児をハイリスク集団とは考えていない」と述べながらも、米疾病対策センター(CDC)のデータでは、2021年10月10日の時点で、5~11歳の約200万人がCOVID-19に罹患し、94人が死亡していると指摘する。また、COVID-19は多系統炎症性症候群(MIS-C)とも関連付けられている。CDCによると、10月初旬の時点で5,200人以上の小児がMIS-Cの診断を受け、46人が死亡しているという。こうした事実に言及した上で同氏は、「ワクチンは小児を感染から守るだけではない。家族をはじめ、小児の周りにいる人々に対する感染拡大を防ぐことにもつながる」と主張している。

●ワクチン接種によりどんな副反応が現れるのか

 頻発する副反応は、注射部位の痛み、発赤、腫れなど。一部の小児には、発熱、倦怠感、体の痛み、頭痛、悪寒、リンパ節の腫脹など、成人に生じた症状と同様のものも認められた。ただしFDAは、5~11歳児3,109人を対象にした臨床試験で、ファイザー社製のワクチン接種により深刻な副反応が生じた対象者はいなかったとしている。