【シュジャウォボ(ポーランド)】欧州連合(EU)とベラルーシの境界地帯での移民流入を巡る行き詰まりは、長期化する「いたちごっこ」になりつつある。ポーランド東部の国境地帯に押し寄せた移民希望者らは、彼らを追跡するために送り込まれた何千人もの兵士から逃れるため、小グループに分かれて行動するようになった。  ポーランドの兵士は、国境地帯の深い雪に埋もれた森の中をパトロールしている。流入する移民を探し出すために強化された24時間態勢の取り組みの一環だ。ポーランド政府は、ベラルーシがこうした人々をEUに流入させることを画策したとみている。