古来、龍神の力を借りた多くの先人たちが願望を成就させ、成功を手にしてきました。
だが、数ある神の中で、なぜ龍神だったのか。その理由は、龍神の持つ神としての特性にあります。
幼少期より龍をはじめとする見えない世界の存在たちの声を聞くことができ、延べ1万社以上の神社を参拝してきたスペシャリストが、龍神の力を借りて運を上げ、どんな望みも実現する方法を紹介した『龍神とつながる強運人生』より一部を抜粋、再構成して紹介します。

【強運な人は知っている】飛躍の時の前に誰もが経験する吉兆。見逃すことなく罠にはまらず、確実に幸運を手にする攻略法Photo: Adobe Stock

運気には波がある!

【強運な人は知っている】飛躍の時の前に誰もが経験する吉兆。見逃すことなく罠にはまらず、確実に幸運を手にする攻略法 大杉日香理(おおすぎ・ひかり)
著書累計発行部数30万部を超えるベストセラー作家
事業開始10年間で参拝した神社は、延べ1万社。経営者に向けて、歴史を基盤とした教養セミナーとして神社の捉え方を切り口とした神旅®(かみたび)をマンツーマンで行なっている。政治家に向けても、選挙事務所の神棚の設え方セミナーを衆議院会館にて開催。行政向けの講演活動、作家としても活動しながら、神社を入り口とした地域おこしにも力を入れ、神田明神との共同事業も開催している。

運の量が右肩上がりとなって望む運気に乗って成功すれば、それに越したことはないかもしれません。

しかし、運気には「波」があります。

上昇すれば必ず下降する。これが大自然の摂理です。どんなに順調な人生にも、「今なんとなく運気が停滞しているな」「最近モチベーションが落ちてきたな」「このままでいいのかな」と感じる時がやってきます。つまり、「頭打ち期間」と呼べるものです。

運がいい状態が永遠に続くとしたら、人は傲慢になったり、マンネリ化してしまったりするものです。

頭打ち期間とは、そんな人間がさらなる飛躍を遂げるために、龍神があえて私たちの足を止めてくれている期間です。緩急をつけ、体力や実力をたくわえながら着実に進むことが、結果的に安定した成功へとつながります。

とはいえ、この時期は誰もが悩み、焦って右往左往します。

「今、足踏み状態だ、まずいぞ」と感じられる人は、感知力や分析力がある証拠です。

そんな「できる人」ほど、頭打ち期間に突入すると、「自分のやり方が間違っていたのではないか」と自らを責めたり、「突破口を探すために何か手を打たなければ」と焦って不要なスキルを新たに学んだりしてしまうものです。

しかし、それではさらに混乱するだけです。

頭打ち期間が来たら、次のステージに上がるタイミングです。

この期間をどう過ごすかが、運気の波を乗りこなす大きなポイントになります。状況をネガティブに捉えるのではなく、成長している証拠だと捉えて、次のステップへの充電期間や作戦タイムにしてください。

頭打ち期間は、「トンネル期間」「踊り場期間」「扉の前に立っている期間」の3つに分けられます。

トンネル期間:出口が見えず、暗中模索の日々が続く期間
踊り場期間:能力の限界や、自分の器の小ささを感じる期間
扉の前に立っている期間:次のステージが見えているのに進み方がわからない期間

それぞれに特徴がありますが、まず共通している攻略法をお話ししていきましょう。