有力人権団体「ウイグル自治区の強制労働を終わらせるための連合」は4日、国際オリンピック委員会(IOC)に対し、2月に開催される北京冬季五輪向け公式服の生産に強制労働が関与していないことを確実にするためにどのような措置を取っているか説明を求めた。  同連合は、公式服に使われている中国・新疆ウイグル自治区産の綿花について、強制労働が関与していないことを示す信頼できる証拠をIOCが示していないと指摘した。同連合はウイグル自治区での人権侵害疑惑を巡る世界的な啓発活動で主導的な役割を担っている。