薄毛、白髪、フケ、かゆみ…。髪の悩みは、ときに人生を変えてしまいます。誰かに相談するのも勇気がいり、巷にたくさんある育毛法は、どれが効果的なのかわからない…となりがちです。『髪が増える術 成功率95%のプロが教えるすごいメソッド』(ダイヤモンド社刊)では、これまで5千人の髪や頭皮の状態を改善してきた髪のプロが、「カラダの内側から髪を元気にする」メソッドをすべて紹介しています。本記事では、著者である辻敦哉氏に髪にまつわる噂について聞きました。

髪のプロに聞く「ハゲは隔世遺伝」って本当?

ハゲも「遺伝」するのか?

――よく、おじいちゃんがハゲているから自分も……。という声を聞きますよね。ズバリ、髪のあるなしは遺伝に関係するのでしょうか?

辻敦哉(以下、辻):半分は関係があり、半分は関係がありません。

 私たちのおじいちゃんの時代は、瞬間湯沸かし器もなかったので、シャンプーができるのは限られた頻度でした。しかも、当時はポマードという油の整髪料を使い、七三分けの髪型が多く、頭皮環境は非常に劣悪でしたから、おじいちゃんがハゲていたからといって、遺伝なのか、頭皮環境でハゲたのか、今となっては分かりません。

 逆に、おじいちゃんがフサフサであった場合は、当時の劣悪な頭皮環境にも耐えた毛根がタフだったと参考にはなります。

 実際に、以下は私の祖父と私の写真です。

髪のプロに聞く「ハゲは隔世遺伝」って本当?

 祖父がツルツルだったので、私も高校生のときは不安に怯えていました。しかし、拙著『髪が増える術』でも触れたように、「正しい育毛の知識」を身につけ実践することで、私は40歳をこえても薄毛の悩みはまったくありません。

 たとえ、薄毛になりやすい遺伝子を受け継いでも、体質に合わせたケアをすることで、結果は大きく変わります。

――なるほど。それでも心配な場合、不安を解消するためにはなにをすればいいですか?

辻:遺伝的であった場合でも、その進行速度に関係するのが、頭皮環境や血流です。AGA(男性型脱毛症)の脱毛を遅らせる精油や成分もあるので、それらを塗布して、ヘッドスパや頭皮マッサージをすれば、経年変化にも差が出ると考えています。

『髪が増える術』著者:辻敦哉(つじ・あつや)

1979年、埼玉県浦和市生まれ。埼玉県理容美容専門学校卒業、東京文化美容専門学校卒業、ロンドンTONI&GUYアカデミー修了。2006年リヴォーン株式会社入社。シブヤ西武「THE REV-OWN」店長、営業推進部長を務める。独自の高いヘッドスパ技術が話題となり、ゴッドハンドとして業界を賑わす。その後独立し、2011年にヘッドスパ専門店「PULA(プーラ)」をオープン。95%以上の人たちの髪のコンディションを改善して超人気店となり、半年以上予約がとれないほどに。2017年にはその実績が評価され、アジアの優れた起業家に贈られる「アジアゴールデンスターアワード2017」で、日本人で2人だけのマスター大賞を受賞した。現在は、プーラ式ヘッドスパを全国に広げ、地域に根差したヘッドスパ専門店の展開に注力している。(https://www.spa-pula.com/pula-headspa-salon/

本記事の医事監修:泉さくら(いずみ・さくら)

日本皮膚科学会皮膚科専門医。
琉球大学医学部卒業後、東京大学医学部附属病院皮膚科・都内美容皮膚科・形成外科勤務後、ココメディカルクリニックを開業。一般皮膚科、美容皮膚科、アレルギー外来、女性外来を行い、漢方薬などを用いた近代西洋医療と補完代替医療、伝統医学等を組み合わせて行う統合医療を積極的に取り入れている。