【香港】ウクライナ情勢に関する最新情報を求めて中国共産党機関紙の「人民日報」を手に取れば、誰もががっかりするだろう。一面にも国際面にも、世界を今大きく揺るがしているこの軍事衝突に関する記事は見当たらないからだ。これにはウクライナ問題について明確な立場を示したくない中国指導部の姿勢がにじみ出ている。  一方で、相対的に自由な議論が展開されているソーシャルメディア上では、ユーザーや保守派の論客から、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領を支持する声が惜しげもなく寄せられている。