決算報・居酒屋Photo:PIXTA

コロナ禍が3年目に突入し、多くの業界や企業のビジネスをいまだに揺さぶり続けている。その対応力の差によって企業の業績は、勝ち組と負け組の格差が拡大している。そこで、上場企業が発表した直近四半期の決算における売上高を前年同期と比べ、各業界の主要企業が置かれた状況を分析した。今回はコロワイド、ワタミ、大庄の「居酒屋」業界3社について解説する。(ダイヤモンド編集部 笠原里穂)

コロワイドは前年同期比減収
ワタミはわずかに増収

 企業の決算データを基に「直近四半期の業績」に焦点を当て、前年同期比で増収率を算出した。今回の対象は以下の居酒屋業界3社。対象期間は21年9~12月の直近四半期(大庄は21年9~11月期、その他2社は21年10~12月期)の直近四半期としている。

 各社の増収率は以下の通りだった。

・コロワイド
 増収率:マイナス1.9%(四半期の売上収益513億円)
・ワタミ
 増収率:1.0%(四半期の売上高181億円)
・大庄
 増収率:マイナス20.9%(四半期の売上高75億円)

※ワタミは収益認識に関する会計方針の変更を行っているが、当社の開示方法に準じて、前年同期の売上高と増収率には同変更を遡及適応していない。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、大きな打撃を受けている居酒屋業界。コロワイドは前年同期比でわずかに減収、ワタミは増収となっているが、コロナ禍の影響はどのくらい続いているのか。

 次ページでは、時系列データを踏まえて詳しく解説する。