米食品医薬品局(FDA)は29日、新型コロナウイルスワクチンについて、50歳以上を対象に2回目の追加接種(ブースター接種)を承認した。秋には対象年齢を引き下げるとみられている。  FDAが2回目の追加接種を承認したのは米ファイザー・独ビオンテック製と米モデルナ製。1回目の追加接種から少なくとも4カ月たっていることが条件。前回接種したワクチンの種類を問わず、いずれかを選ぶことができる。  米疾病対策センター(CDC)の承認を経て、診療所や薬局、高齢者介護施設などで接種が可能になる。CDCは近く承認する見通し。 。