「お金は欲しいけど、あんまり仕事はしたくない」「仕事はキライじゃないけど、一生お金のために働くのはイヤだ」
そんな思いが少しでもあるのなら参考にしたいのが、入社4年目の26歳でFIRE(経済的自立と早期リタイア)を果たした遠藤洋氏の著書『投資をしながら自由に生きる』(ダイヤモンド社)だ。仕事をしながら小型株集中投資によって資産を築いた著者が、「最速でお金から自由になる」ための秘策を伝授! さらに、お金にも時間にも場所にも縛られず、好きなことで楽しみしながら収益を得て、自分の人生を最大限に満喫する方法を徹底指南する。
※本稿は
『投資をしながら自由に生きる』より一部を抜粋・編集したものです。

【たった4年でFIREできた元会社員が教える】<br />「お金の不安」から最短で解放される<br />たった1つの考え方イラスト:伊藤ハムスター

お金と時間の使い方を変える

【前回】からの続き

「本当の自由」を早期に手に入れるためには、お金と時間の使い方を大きく変える必要があります。そこで、あなたが普段どのようにお金と時間を使っているのかを理解し、それをどのように変えればよいかを考えていくことにしましょう。

お金は使い方によって、「使えば使うほど減る」こともあれば、「使えば使うほど増える」こともあります。もし近い将来、お金の心配から解放されたいのであれば、お金の使い方を変えていく必要があります。お金の使い方は、すべて次の3つのどれかに集約されます。

◎お金の使い方
現在の生活費(消費)
未来をよくするために使うお金(投資)
過去に頑張った自分へのご褒美(浪費)

の現在の生活費は、生きるために必要な支出です。

の未来の自分のためのお金は、自分への「投資」なので、これも必要です。

の過去の自分へのご褒美は、一考の余地アリです。頑張った自分へご褒美を与えることも大事ですが、それは「浪費」である可能性が高いからです。

「お金の自由」を獲得するためには、過去ではなく未来に向けたお金の使い方を優先する必要があります。家賃や自動車の維持費は、一見すると必要不可欠な生活費に思えるかもしれません。しかし、必要以上に高い家賃や、たまにしか乗らず、なおかつ高い維持費がかかる車だとしたら、それは③の浪費に分類されます。

最短で「お金の自由」に近づくためには、浪費を一切やめて、投資にお金を使う必要があります。多くの人が、投資よりも過去の自分へのご褒美に使うことを優先します。しかし、浪費を続けても、その瞬間の欲求は満たされるかもしれませんが、未来は何も変わりません。「何をやるかと同じくらい何をやらないかが大切」という言葉の通り、お金の使い方でも「浪費は一切やめる」という決断が必要です。

※本稿は『投資をしながら自由に生きる』より一部を抜粋・編集したものです。