誰しも悩みや不安は尽きない。寝る前にイヤなことを思い出して、眠れなくなるなんてことも……。そんなときの助けになるのが、『精神科医Tomyが教える 1秒で不安が吹き飛ぶ言葉』から生まれた小説『精神科医Tomyが教える 心の執着の手放し方』(ダイヤモンド社)だ。ゲイのカミングアウト、パートナーとの死別、うつ病の発症……苦しんだ末にたどり着いた、自分らしさに裏づけられた説得力ある言葉。とても読みやすいオムニバス形式の短編集は、アナタの心が落ち込んだとき、そっと優しい言葉を授けてくれるYouTube「精神科医Tomyの人生クリニック」“言葉の精神安定剤”で、気分はスッキリ、今日がラクになる!

【精神科医が教える】<br />心が折れたとき、どうすればいいのか? 意外にして最善の対処法

思う存分、沈み込んでみる

大なり小なり、心が折れることってありますよね? そんなとき、どうしたらいいかというと、存分に折れまくったらいいんです。心が折れて、やる気も出ないときに、どうにかしようともがいても、無理だと割り切ったほうがいいです。

そういうときは、流れに乗っかって、「もうなにもしたくない!」とかいって、あえて心を沈めてみるんです。おもいっきり心を沈み込ませれば、そのうち「こんなことしてばかりいてもな」とか思って、ちょっとずつほかのことに興味が芽生えて、それが育ってくるものです。

心というのは、あるがままに認めてあげて、その通りに動いてあげることが大事なんですね。心が折れているときに、無理やり動き出そうとしても、突風の向かい風のなかを進もうとしているようなもので、動けないんですね。

自分の心の求めに素直に従う

折れているときは、思う存分、折れた心に寄り添ってあげる。自分の心を見守ってあげるような感じがいいでしょう。なにもやりたくないときは、なにもしなくていい。誰かに連絡するのも辛かったら、連絡もしなくていいんです。

できるだけ、自分の心が求めていることに従うのが基本です。会社も学校も、できるなら1日2日くらい休んで、ゴロゴロしながら、折れた心につき合ってみてもいいでしょう。そういうふうに自分の心に従っても、それがずっと続くことはありません。

回復するタイミングは、人によって違いますが、焦れば焦るほど、そのタイミングは遠のいてしまいがちです。そのままでいい。大丈夫、大丈夫。そんなふうに寛大な心で、自分に従ってみましょうね。

本稿は『精神科医Tomyが教える 心の執着の手放し方』(ダイヤモンド社)の著者が日々お届けする“心のサプリメント”です。