ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

サムスンら大手ベンダーが新端末の発表を見送り
新興勢力の中国勢には未だ“ビジョン”見えず

――モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2013レポート【前編】

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第45回】 2013年3月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5
nextpage

悩めるサムスン電子と既視感

 一方、東の横綱ともいえるサムスン電子も、状況は似たり寄ったり。むしろ悩みの深さは、中国勢よりもはるかに深遠なような印象を受けた。

 もちろん、新製品が大々的に並んでいれば、有無を言わさぬ圧倒感があっただろう。また一部では、実は開発や調達がMWCに間に合わず、新製品を「出さない」のではなく「出せない」のではないか、という噂も飛んだ。こうした話も、新製品を出せていれば、すぐさま霧消するものである。

 それでも、新製品の発表がなかったから勢いがない、という一過性の話ではないような印象を、そこはかとなく受けた。

広大なスペースに来客で賑わうサムスン電子のブース Photo by Tatsuya Kurosaka

 彼らの最終商品向けブースを見てみると、他のメーカーに比べて広いスペースが確保されていることが分かる。ファーウェイやノキアなどに比べ、1.5倍くらいの大きさだろうか。おそらく端末メーカー勢の中では最大だったはずだ。

 そしてこのブースも、端末をはじめ、ヘルスケアや教育など、様々なソリューション展示がなされていた。決してスカスカというわけではなく、むしろ所狭しと製品群が展示されている印象だ。しかもそこには、基地局等の通信機器は置かれていない(別途ブースを設けている)。

 にもかかわらず、何か決定的なものが不足している。しかしそれが何なのかが分からない。正直、今年のサムスン電子の展示を見て、そして中の人たちを含めた関係者の話を聞いて、私も考え込んでしまった。

 長考の末に、このブースの雰囲気をどこかで見たことがある、ということに気がついた。それは、国内展示会におけるNTTドコモ、だった。

 引き合いに出すのは申し訳ないが、これも率直な感想である。なにしろ、何人かの日本から来た関係者にそのことを話したら、異口同音に「言い得て妙」という反応を得た。似たようなことを感じた人は、少なくなかったのだろう。

 とにかく、なんでもある。製品ラインナップも多いし、ソリューションも豊富だ。説明員が熱心にデモを説明し、それぞれ実によく考え抜かれている。そしてそれらはきっと実績に裏付けられており、数字で見れば業績も好調なはずだ。

previous page
5
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧