1年前、米国の司法制度はドナルド・トランプ前大統領を追い詰めているように見えた。  検察当局は、負けたと分かっている選挙結果を覆そうとし、返却すべきだと知っている機密文書を手放さず、有権者の不興を買うと分かっている不倫関係を隠すためにポルノ女優に口止め料を払ったとされる大統領の完全なイメージを描き出した。米国で法の上に立つ者はいない、たとえ大統領経験者でも同じだ、と検察は主張した。  だが事態は逆に転がった。