ジョー・バイデン米大統領にとって、この週末はひどいものだった。しかし、今週は同氏の51年間の政治キャリアの中で最も困難な週になりそうだ。このため大統領は8日、先制攻撃に出た。民主党下院議員宛ての書簡で、バイデン氏は「この大統領選を最後までやり抜く」と宣言した。  週末は、5日にABCテレビで司会者ジョージ・ステファノプロス氏のインタビューを受けることで始まった。インタビューを受けたのは、その8日前に行われた大統領選候補者のテレビ討論会でひどいパフォーマンスをした後、大統領選からの撤退を求める声を鎮めるのが狙いだった。