北大西洋条約機構(NATO)加盟国の首脳たちが米首都ワシントンに集結しているが、彼らが開く首脳会議は今夏に起きている最も重要なことではない。ジョー・バイデン米大統領の討論の出来栄えを巡る民主党の危機もまた、最も重要ではない。世界を動かしているのは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領や、中国の習近平国家主席、インドのナレンドラ・モディ首相がいずれも外遊で注目を集めたアジアでの出来事だ。国際政治の中心はインド太平洋地域に移った。ユーラシアの中心部で起きることは、大西洋の世界で起きているどんなことよりも、世界の政治や米国の国益にとって重要だ。